東京オリンピック2020と新型コロナ感染拡大 一律で語るのはやめよう

広告

東京オリンピック2020、2021年8月8日を以ってファイナルとなりました。

開催地が我が国に決まった時の感動から一転して、コロナ禍での1年延期。選手の方々や運営者の方々は計り知れないご苦労があったことでしょう。

時を同じくして国内の感染拡大は"第五波"となってしまって、とどまるところ知らず。

それぞれの関連性を取り沙汰すような情報も見受けられますが、1人の国民として感じたことを書くことにしました。

東京オリンピック2020 選手さんの素晴らしい活躍に感謝

まずは、東京オリンピック2020・日本選手さんたちの大活躍。

オリンピック史上初の無観客試合、選手さんご自身も感染防止に配慮しながらの戦い。「コロナ禍で大会開催するなんて」心無い風評…そんな茨の道だったのにも関わらず、素晴らしい戦いを見せてくれました。

各競技で多くのメダル獲得をされて、コロナで苦しい私たちの毎日に光を与えてもらったことに心より感謝です。

オリンピックと新型コロナ感染拡大 一律で語るのはやめよう

一方、オリンピック開催後と重なるように、我が国の新型コロナ感染拡大が日々もたらされてしまって、第五波到来とも言われている状況。

その事象をオリンピックと関連付けるような情報も多くって、さらに不安が募ります。

でもね。

人間はずーっと感染症と闘ってきて、どんな経緯を辿って拡大していくのか?なんてことは、誰にも解らないんです。その原因が何なのか?ってひとつじゃ無いし確定することもできない。

「誰が悪いのか」とか犯人探しすることに意味ありません。

だから、オリンピックで第五波になったのでは?などと一律で語るのはやめよう。

肝心なのは、人類一丸となって変異株だろうがなんだろうが、このウイルスとの戦いに打ち克つことなのです。

東京オリンピック2020へのそれぞれの思い

大会開催には、一人一人それぞれに思うところがあったでしょう。

応援したい気持ちはあれど「このコロナ禍での開催は果たしてよいのだろうか?不安の方が強い」と敢えて応援メッセージができずにいる…と言っていた友人もいます。

著名人のSNSで「今まで反対派に回っていたのに、いきなり応援派に回るって違和感多すぎ」というのも見かけました。

私自身も正直、100%諸手を挙げて「わーい」と言えませんでした。

応援メッセージできなくても、いきなり宗旨替えしても、それでもいいんです。

生きている間に自国でオリンピクが開催されて、無事完了したという事実は尊いものだから。

最後にひとこと

東京オリンピック2020開催が決まった後。

東京都内で特にメイン会場が近い我が勤務先にとっては、その期間いかに支障をきたさずに通常通り業務継続するのかどうか、ということが課題になっていました。

その為のシミュレーションなども、2019年頃には取り組んでいたものです。

がしかし、コロナ禍でほぼテレワークメインで業務遂行するようになって、それを粛々と続けるのみ。あらためてオリンピック期間だからといって新たに対応すべきことはありませんでした。

コロナ禍のおかけだなどと、到底思うことはできませんが、とにかく。

オリンピックと感染拡大。関連づけて考える必要もないです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら