以前共に仕事をした仲間が再び入社してくれた つながるご縁に感謝【女性管理職の仕事日記2019.9.11】

広告

我が職場チーム。
業務量が増大していて、人の新規採用にて対処しようと、計画を進めていました。

しかし、なかなか応募者が挙がってきません。

どうしよう…悩んでいたところ、嬉しいニュースが飛び込んできます。
つい数ヶ月前まで勤務していた方(Aさん、とします)が再度入社可能になったとのこと。

Aさんは優秀で、彼女が居ることでとても助かっていました。
一旦は退職されましたが、再び一緒に仕事ができるのは、チームとしてとても嬉しい。

今回は、そんなお話です。

採用活動は、エージェント頼みだった

従来、新規採用をおこなう際は、人材紹介会社(エージェント)頼み。

仕事を探している人々が世の中に多く居る場合は、マッチングを図ってくれるので、エージェントは助かります。
しかし、昨今のように求人難(仕事を探している人々より、企業の求人数が上回っている)の場合は、なかなか捗りません。

待ち続けてるだけじゃ何も進まない。他の方法はないだろうか?
考えつくことを、とにかくやってみよう。

メンバーに協力を仰ぎ、以前いっしょに働いていた仲間で、連絡が取れそうな方はいないか?
仕事を探している方はいないか?確認してもらいました。

それから1ヶ月ほど経ったとき。あるメンバーが朗報を持ってきてくれます。

「Aさんが、今の仕事の契約が終わることになって近々入社できそうだと、連絡がありました」
なんとありがたいことでしょう。

優秀な人材とは、引く手あまた

Aさんに最初に入社してもらった際は、一時的な繁忙を手伝ってもらうため、短期契約でお願いしていた。

仕事の覚えも早く、人柄も良好。
あっという間に課題を片付けてくれて、みんなに惜しまれながら退職されました。
すでに新しい仕事が決まっているとのこと。

優秀な人材というのは、引く手あまたなんですよね。

人のご縁は、いちど切れてしまったら再び繋ぐのが大変

しかし、再び想定外の繁忙に見舞われ、しかも長期化が見込まれる。

既存メンバーも疲弊しつつあるなか、即戦力となるAさんの再入社は本当にありがたい。

ご本人がひとつだけ気にされていたのが「いつまで、この仕事が続きそうでしょうか?できれば長く勤めたいのですが」という点。

人のご縁というのは、いちど切れてしまったら、再び繋ぐのが大変。今回は幸いにも再び来てもらうことができましたが「Aさんがもういいです、と思うまで、ずっと居てもらえますか?」とお願いしました。

業務が落ち着いたら、また別の業務をお願いすればよい。
彼女だったらどんな仕事も、難なくこなせるはずです。

今日の一言

再出社当日。
彼女をお迎えして、チーム全員の嬉しそうな様子ったらありません。

「出戻りですがよろしくー」と明るく挨拶するAさんの姿に、みんなの笑顔がはじける。

あらためて、つながるご縁に感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら