30年ぶりに額縁を買い替えて蘇った「グランドキャニオン」の思い出

広告

今から30年ほど前、1991年に米国アリゾナ州にホームステイをしていました。

バカンスで訪れたグランドキャニオン。その壮大さにただただ感激して、少しでも思い出を持ち帰りたいと現地で購入したポスターがあります。

土産物店で10ドルくらいで売っていた、なんてことのない写真ポスター。

スーツケースの底に入れて連れて帰ってきて以来、額縁に入れて飾っていました。

それから時は経ち。

ところどころ破損してしまった額縁を30年ぶりに買い替えて、その思い出が蘇った…今回はそんなお話です。

気がつくと、額縁がガラスと底板だけになっていた

東京→広島→大阪→東京と、度重なる私の転居に伴いこの額縁も幾度となく運ばれて、いつの間にか枠のアチコチが壊れてしまった。

接着剤で補修してなんとか保っていたものの、気がつくと、ガラスと底板だけになっていました。

どうしよう。

新たに買い直すとしても、額縁のような大きなものを探すのは大変だ。
ずっと悩みつつそのままにしてしまっていました。

Amazonで、ピッタリの額縁が見つかる

あらためて測ってみると「半切」というサイズであることが分かりました。
「356 × 432 ミリ」なかなかの大きさです。

結構な値段がするのだろうなー。

ところが、何気に見てみたAmazonでピッタリのがあるじゃないですか。
色合いも「木製ブラウン」で、まさに私が欲しいと思っていたもの。しかもセールで1,834円!小躍りしちゃいました。

数日後に届き、無事ポスターを収めることができました。

蘇った、グランドキャニオンの思い出

あらためて「定位置」に戻った、我が"グランドキャニオン"
すると、訪れた時の思い出が走馬灯のように駆け巡ります。

  • コロラド川の何千年という侵食の繰り返しによりもたらされた、自然の芸術
  • 壮大な渓谷の奥は、まるでパステルカラーのように、彩られていること
  • 「パステルカラー」の辺りは、ネイティブ・アメリカンの保護地域でもあること

…etc.

そんなお話をホストマザーから教えてもらいつつ、言葉には言い表せない「パワー」を感じました。

「パステルカラー」が表現されている、このポスター。その後もずっと眺めつつ癒されてきたものです。

本棚の奥に、当時現地で購入したこんな本も見つけました。懐かしいなー。

今日の一言

長年の懸案であった、額縁の買い替え。
それによって蘇る思い出。

物を新たに購入するってことは、ここのところさほど興味がなくスルーしていましたが、たまにはこういう買い物もいいものですね。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら