高知県土産『ミレービスケット』 仕事中小腹が空いたとき、オフィスのみんなで食べるのに最適

広告

高知県のお土産にと、職場メンバーが「ミレービスケット」を買ってきてくれました。
塩味が効いていて、サクっとした食べ心地が楽しめます。

オフィスで小腹が空いたときにちょうどいい。

さっそく紹介します。

高知県の「ミレービスケット」

「ミレービスケット」はもともと、お菓子メーカーの明治製菓が販売していたそうですが、その後各地の業者が二次加工と販売を請け負うようになったとのこと。

高知県では「野村煎豆加工店」という会社が担当しています。

野村のミレービスケットは昭和30年ごろから作り始めました。豆を揚げた油をブレンドしているから、独特の香ばしさがあります。
少ししょっぱくて素朴な味で、高知県では子供から大人まで皆様に愛されました。21世紀になった今も、この味わいをずっと大切に引き継いでいます。
ー「野村煎豆加工店」Webページより引用

ふむふむ。
食べてみると、確かに香ばしくて塩味が効いています。

「ミレーの枕」

今回いただいたのが「ミレーの枕」という商品。

まるで枕のように横長の袋にビスケットがめいっぱい詰まっている。"こんな枕があったらなぁ。甘い夢が見られそう"と命名されたとのこと。

1枚の大きさは500円玉よりチョット大きいくらい。個包装で1袋2枚組。袋の柄もいくつかあって「まじめなおかし」とか書いてあるのも笑える。

「よさこい」柄もあって、いかにも高知県らしい。

1袋380g入りですが、個包装が何袋入っているか数えるのを忘れてしまいました。
おそらく30袋〜40袋ほどありそうです。

「ミレーの枕」商品情報

内容量 1袋380g(個包装込み)
栄養成分表示(100g当り)※パッケージより引用 エネルギー542Kcal、たんぱく質5.5g、脂質29.3g
炭水化物54.0g、食塩相当量0.6g
製造者/所在地 有限会社野村煎豆加工店
高知県高知市大津乙1910-3
ウェブページ 野村煎豆加工店

 
Amazonでも購入可能です。

今日の一言

特に夕方近辺で小腹が空いたとき、オフィスでいただくのに、甘過ぎずで嬉しいお菓子。
みんなでパクパク食べちゃいました(笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら