苦手にしていて距離を置いていた人 久しぶりに対話して思い込みが解けた

広告

ふとしたことがきっかけで、ちょっと苦手になってしまった人。
仕事上の古くからの知り合いなのですが、ここ数年、あえて距離を置いていました。

すると、最初はほんの小さな欠片だった「わだかまり」が、どんどん「雪だるま」のようにふくらんでしまった。
「苦手」をとおりこして「嫌い」との思いすら芽生えてくる。

もともとは、その情熱だったりバイタリティだったりを尊敬していました。
よく対話もしていた。応援もしてくれた。

でも、ネガティブな出来事に見舞われて、それを、その人のせいだと思い込んでしまった。
たしかに、その出来事にかかわっていたうちの1人だったので。
気のせいか、それから、ぜんぜん会う機会もなくなり、たまに見かけても挨拶すらしなくなっちゃった。

時は経ち。

最近、とある会合で一緒になり、久しぶりに対話をする機会に恵まれました。
驚いたことに、私の話に熱心に耳を傾けてくれている。
会合の後「ねーさんの話。おもしろかったよー。頑張って!」とエールをくれる。

胸が熱くなりました。

勝手に嫌いだと思い過ごして、勝手に悪者にして。
でも、それはきっと私の単なる思い込み。
相手はきっと、とくに何も変化していなかったのだろう。
でなければ、声など、かけてこないもの。

おかげさまで、ここ数年の「負の思い」を手放すことができた。
相変わらず情熱にあふれているその姿に、あらためて尊敬の思いが蘇りました。

思い込みで"ひとりでぐるぐる"しちゃっていた自分に反省。
再会のチャンスを与えてくれた、ご縁の神様に。感謝です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら