インフルエンザのお子さんを、病児保育のシッターさんに預かってもらう 職場メンバーさんの備えに感心

広告

2019年も1月第二週頃から、インフルエンザ流行が本格化してきた模様。

職場のメンバーは、幼少のお子さんがいる世代が多いので、オフィスのそこここで「子どもがインフルエンザに罹りました」というお話を耳にします。

今日もお1人の方のお子さんが、インフルエンザだったという知らせ。
どうやら、週末の日曜日から発熱し、翌日の月曜日アサイチで病院に行って診断されたとのこと。

発熱時点で「インフルエンザではないか?」との予測のもと、月曜日の午後から「病時保育シッターさん」の確保をされていたそうです。

出社してきたメンバーさんに「どういうサービスなの?」と訊ねてみると・・

なんでも彼女がいつも利用しているのが、「キッズライン」というベビーシッターサービスで、病児保育専門のシッターさんたちがいらっしゃるとのこと。
お住まいが埼玉県なので、その地域のページを見て利用開始した、とのことですが、全国展開をされているようです。
埼玉の病児保育可能なベビーシッター/埼玉県- キッズライン
病児保育について- キッズライン

料金も1時間2千円前後・・と、比較的リーズナブル。

その後、お子さんは治療薬を服用して、すっかり元気を取り戻されたらしく、
「私が帰宅したら、シッターさんと2人で楽しそうに遊んでいたんですよー。急な依頼でも来てもらえるので、本当に助かっています」とご安心の様子。

「お大事にね」と声をかけると
「今、業務が忙しい時期で、休むとチームに迷惑をかけてしまいます。いろいろ、手立てを確保しておかないと。
もちろん、肝心の自分が罹らないように、予防には万全を尽くしています。」とニッコリ。

病児保育シッターさんたちは、インフルエンザ流行のこの時期、あちこちのお子さんの保育に駆け回っているとのこと。

仕事をするプロと。お子さんを預かるプロ。
みんな、がんばっているなー。

応援しています!

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら