ネギが無い! 買い物の荷物が多いときは要注意です

広告

近所スーパーで長ネギが安売りしていました。
ここのところ、割とお高めだったのが、
ナント!2本で138円(税別)。
おーっ、コレは買うっきゃない。

ちょうどその日の夜は鍋の予定だったので、ネギは無くてはならない脇役。
葉先も本体も活きがよさそう。喜び勇んでカゴに入れます。

たまたまこのときは荷物が多く、両手にすでに紙袋を抱えていました。
なおかつ、このスーパーでは買い物袋が有料のため、持参したエコバッグに買ったものを詰めます。

エッチラオッチラ持って帰り、自宅に着いてしばらくしたとき‥

ネギが無い!ハッと気付きました。

レシートを見ると、確かについている。
買ったことに間違いはナシ。
お店に電話をしてみるも、繁忙時間だったこともあり、なかなか繋がりません。

鍋にネギを入れるのを諦め‥夕食後しばらくして再びお店に電話をします。

「かくかくしかじか」
まずはオペレータさんに用件を伝え、売り場に繋いでもらう。
あらためて
「かくかくしかじか」切々と訴えてみる。

すると‥

「あいにく、ネギのお忘れ物は届いておりません」

と、とほほほほーーーっ(泣)

もう、買ってから数時間も経っている。
これから出てくるとは考えにくい。

カゴに入れて会計をする前までは、おぼろげに記憶があるものの、バッグに詰めた記憶がありません。

どこに行っちゃったんだ〜〜ワタシのネギ。

おそらく。

最後にバッグに入れようと、いったん台の上に置いて、そのまま忘れてしまったと思われる。

仕方なく、あきらめました‥。

荷物が多いときは。
ネギの買い物は要注意だわー。

今度から、バッグに詰めるときは「指差し確認」を怠らないようにしなくっちゃ(苦笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら