ランチタイムに愚痴や文句 私がそれをやらないようになったワケ

広告

ランチタイムにふと隣のテーブルから"BGMのごとく"仕事の同僚どおしと思われる方々の会話が聞こえてきます。

仕事の愚痴や、会社の文句や誰かの噂話‥etc.

ワタシも、よくやっていたものです。
それはそれで、ストレス発散としてアリだと思います。

でも、あるときからソレをやらないようにしました。
部署異動で、ランチを1人で過ごすようになった点もありますが、とにかくいちばん困ってしまうこと。

それは、会社に戻って文句や愚痴を言った出来事・事情や、その相手をあらためて目の当たりにすると、ますますイヤな気持ちになってしまうのです。
負の連鎖とでも言いましょうか‥。

昼休みの1時間って、仕事中に与えられている唯一の自由時間。
だから、好きなことをしてリフレッシュするのがいちばん。

愚痴や文句を「好きなこと」と思えるのなら、OK。
でも、ワタシにとっては「好きなこと」ではなかった。

みんなで楽しくワイワイ過ごすことは、とても大切。1人だけ輪に入らないというのはなかなか難しいですが。

もし、その過ごし方が「すわりが悪いなー」と思ったときは、やらなくすることも一つかもしれません。

散歩して美味しいものを食べて、SNS見たり、ブログ書いたり‥。
ワタシにとってランチタイムは、そんなふうに過ごすのが楽しみです。

さっ。午後からまた仕事仕事ーw

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら