広東料理『赤坂離宮 新百合ヶ丘店』 3,500円で楽しめる休日ランチコースがおススめ(川崎市 麻生区)

広告

中華料理店「赤坂離宮
”日本の食材に目を向けて「医食同源」をかなえる”をコンセプトに、赤坂に本店を構える、広東料理の名店です。

神奈川県川崎市内に、その支店「新百合ヶ丘店」があり、1997年の開店から20年余り。時々訪れています。

2018年10月6日にリニューアルオープンをしたとのことで、さっそくランチを食べに行ってきましたので、ご紹介します。


赤坂離宮 新百合ヶ丘店 店内の雰囲気

お店の場所は、小田急線新百合ヶ丘駅の駅前にある「ホテルモリノ 新百合ヶ丘」の7階。

落ち着いた雰囲気でゆっくりお食事が楽しめます。通常のテーブル席はこんな感じ。

窓際に個室席があり、予約または当日でも空いていれば利用ができます。

赤坂離宮 新百合ヶ丘店 ランチメニュー

通常のアラカルトメニューに加え「休日限定」のコースメニューもあります。

今回は「3,500円」(税別)のコースにしました。

休みの日といえば、昼飲み♪
紹興酒をボトルでいただきます。

悪酔い防止(笑)で、烏龍茶をチェイサーに。ポットでいただけます。

前菜。鴨のロースト&梅肉ソース、窯炊きチャーシュー。彩りも鮮やかで食欲をそそられます。

鶏肉と季節野菜の塩味炒め。それぞれの食材に味がしっかり染み込んでいる

豚バラ肉の黒酢風味。黒酢が効いていて美味しい。

海老チリ。ほどよい辛さです。

スープ。
メニューでは「海鮮入り豆腐のスープ」となっていましたが、食材の関係で今日は「大根のスープ」。器ごと蒸しているとのことで、ホッコリした温かさと大根のとろけっぷりが嬉しいw

〆の海老とチャーシュー特製炒飯。
中華料理店って、炒飯の良し悪しがひとつのモノサシになると思いますが、ココの炒飯は、パラり加減といい、絶妙な塩加減といい、いつ食べても絶品ですw

デザートの杏仁豆腐。グレープフルーツの苦みがアクセント。サッパリと美味しい。

コレで3,500円(税別、飲み物別)は嬉しいw ごちそうさまでした。

今日の一言

赤坂離宮、それぞれのお店でメニューは若干異なるようですが、赤坂本店/銀座店もあります。

新百合ヶ丘店はコチラ

関連ランキング:広東料理 | 新百合ケ丘駅百合ケ丘駅

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら