【夕陽ヶ丘食堂】浜松町ランチおすすめ 瀬戸内・小豆島の新鮮素材で和洋テイストが楽しめる

広告

東京都港区・浜松町駅界隈は「ランチの激戦区」とも呼ばれていて、多くのお店が軒を並べています。

この記事では、2022年7月にオープンした【夕陽ヶ丘食堂】をご紹介。

瀬戸内・小豆島の新鮮素材を使っての和洋テイストが楽しめて、明るい店内はランチタイムのくつろぎにもってこい。

駅から徒歩3分と近い割には、人通りの多い「大門交差点方向」とは反対側(南口)にあってさほど混雑しておらず、落ち着ける空間です。

夕陽ヶ丘食堂 ランチメニュー

「本日のおすすめランチ」(税込1,200円)をはじめとして、牛肉・魚・豚肉をメインとしたいくつかのメニューが楽しめます。カレーメニューは小豆島ならではの「オリーブ地鶏」を使用。※2023年1月現在

今回初めてお店を訪れたので、まずは「おすすめランチ」をセレクト。

この日のメインディッシュは「ミートパイ」
グリーンサラダ、かぼちゃのポタージュ、シーフード入りピラフがつけ合わせで色々な味を楽しめます。

サラダには爽やかな酸味の「みかんのドレッシング」があしらわれていて、やはり小豆島ならでは。スープもピラフもそれぞれ素材を活かした味わい、サクサクのミートパイも食べ応え十分です。

加えて水がとっても美味しい!ゴクゴク飲んじゃいました(笑)

ちなみに、隣のお客さんが頼んでいたのが「四海漁港で水揚げされた真鯛料理」
真鯛や海老、野菜などが「セイロ蒸し」になっていて、目が釘付けに。

早速別日に訪れて注文しました

真鯛の切り身、海老、帆立の海の幸とともに、野菜が盛りだくさん。ブロッコリー、ズッキーニ、パプリカ、舞茸、白菜、もやし、豆苗、カリフラワー…実に多彩です。

タレはさっぱりとしたポン酢醤油と柚子胡椒、もみじおろし。

加えて具沢山のお味噌汁(玉ねぎ、ほうれん草、にんじん、ワカメ、豆腐)もう、身体が喜びまくり!コチラは和のテイストが存分に楽しめました

税込で1,500円です。※2023年1月現在

夕陽ヶ丘食堂 店内の雰囲気

お店の場所は、浜松町駅と国道15号線の間にある中通りに面していて、クリーム色の外観がより広さを感じさせてくれます。

2階の右側にお店の名前

左側が夕陽のイラストをあしらった壁面。

エントランスはガラス張りで開放感があります。

ランチ以外にもモーニング、ディナー、テイクアウト専用デリカテッセンもあり

エントランス入ってすぐにはパンのコーナー。焼き立てのいい香りが漂っています

「ランチボックス」のメニューも日替わり

席の前にあるキッチンもガラス越しに様子が伺えて楽しい

夕陽ヶ丘食堂 お店情報

所在地東京都港区浜松町2-7-3
電話番号03-6721-5652
営業時間モーニング 7:00~10:00(L.O 9:30)/ランチ 11:30~14:00(L.O 13:30)
ディナー 17:30~21:00(L.O 20:00)※ディナーのみ予約可
定休日なし(ただし、月曜日はモーニング営業のみ)
アクセスJR各線「浜松町駅」南口より徒歩3分
Webページ夕陽ヶ丘食堂

なお、このお店から駅方向に数分戻ったところにある、小豆島・瀬戸内の食のアンテナショップ「ポンテせとうみ」は系列店。よろしければコチラの記事もどうぞ。

最後にひとこと

我が勤務先が程近いところにあるため、この辺りはランチでよく訪れていますが、ここ数年のコロナ禍の影響もあってか、お気に入りのレストランが幾つか閉店してしまって寂しく感じていました。

久しぶりのニューオープンで、あらためてご贔屓のお店が見つかったのも嬉しいです。

お近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りを。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

いくみ@女性管理職&ブロガー(ねーさん)

ワーキングマザー30年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「人生100年、仕事やライフワークや色んなことにチャレンジしつつ、めいっぱい楽しもう!」というビジョンのもとブログを始めとして、SNS、YouTube、メルマガで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。2023年4月初出版『女性管理職が悩んだ時に読む本』刊行予定。

→詳しいプロフィールはこちら

→メルマガ登録はこちら