小田急電鉄_特急ロマンスカーGSE(70000形) なにもかもが「Graceful」

広告

通勤で毎日利用している小田急電鉄。
複々線化完成に伴う2018年3月のダイヤ改正で、特急電車「ロマンスカー」の通勤時間帯運行本数も増便されました。

ブロガー仲間のでぐっちさんが、ロマンスカーを快適に利用されている記事を拝見し、ワタシも通勤時間に利用したいなー…と思っていたところ、ようやく念願叶った!

しかも、新型ロマンスカーのGSE(70000形)に初めて乗車することができました。
さっそくご紹介します。

予約・購入はウェブサイト「ロマンスカークラブ」で簡単にできます

特急ロマンスカーのチケットを購入するのに便利なのが、ウェブサイト「ロマンスカークラブ」※会員登録(無料)が必要

予約だけしておいて、発車15分前までに購入ボタンを押せばOK。それまでの間は変更も自由にできます。

予約は1ヶ月前の10時から可能。毎日の分をまとめて購入されている方々も多いようで、通勤時間帯はとくにかなり混み合っています。

ワタシの自宅最寄り駅に停車する「ホームウエイ 片瀬江ノ島行」も間際だと常に予約困難のため、今回は「絶対乗る!」と決めて、当日朝に予約をしておきました。
しかしすでにあと数席しか空いておらず…なんとか間に合ってホッとしたよー。

新型ロマンスカーGSE(70000形)

とくにこの便は、2018年3月にデビューした「新型ロマンスカーGSE」に乗れるのが魅力。

これまでなかなか乗る機会がなかったため、もうワクワクが止まらない―。

新宿駅ホームに入線してきたときはウルっとしちゃいました(笑)

GSEとは、「Graceful Super Express」の略で、「優雅な」という意味を持つ「Graceful」を用いて名付けられました。
―小田急電鉄HPより

まさに「Graceful」

車内はとってもゆったりしていて、ロマンスカーの車種では最大座面幅となるシートとのこと。ポップな柄も楽しい。

照明もひときわ明るくて、写真もクリアに撮影できました。

肘掛に収納されているテーブルもしっかりしていて、ノートPCも十分に置ける大きさ。

座席前は革張りテイストで、バッグ掛けや飲み物収納スペース、傘立てがあるのも嬉しい。

今回は利用しませんでしたが、GSEの車内限定コンテンツとして「Romancecar Link」を搭載。現在地マップや展望ライブカメラ映像、オリジナル動画などが楽しめるようです。

座席前下の荷物収納スペースもゆったりとってあります。

各座席肘掛部にコンセント完備。

お化粧室、洗面台もゆったりしています。

なにもかも、まさに「Graceful」
グッドデザインアワード2018_BEST100というのも多いにうなづけます!

今日の一言

初めて乗ったGSE。感激のしっぱなし♪
残念ながら、我が最寄駅までホンの20分少々の「旅」でしたが、今度はぜひ、終点の片瀬江ノ島や箱根湯本まで、GSEを満喫しつくしたいですw

この方面に行かれる方々はぜひ、ロマンスカーご利用がおススメ。

GSE以外にも、それぞれの車型に味わいがあり、
どの便がどの車型なのかは、時刻表でもチェックできます。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら