プロフィール

広告

私の信条

楽しいアンテナを立てて「毎日がオモシロイ」とワクワク過ごしていれば、寿命はあとからついてくる。

これまでにやってきたこと、そして思ったこと

会社員30数年。子育てをしながら40歳で正社員に復活し、現在は、一部上場企業で管理職となり15年が経ちます。

でもふと気づいたら、定年まであと数年しかない…そんなときに急な組織改編や、家族の不調に次々と見舞われました。苦しいときに私を救ってくれたのが、すばらしい各分野の師匠たちとの出会いと学び。そして、ブログという情報発信手段を教えてもらえました。

きっと同じような方々もいるかもしれない。それならば、私の思いや経験を世の中に発信していきたい。
ブログはこれを実現してくれる大切な宝箱となってくれました。

それまでの私はブログはおろか、FacebookやTwitterなどのSNSもまったく未経験「情報発信原人」(笑)
今はそれらのツールを自由に使えることができるようになって、世界が何百倍にも広がりました。

このブログでお伝えをしたいこと

ブログを始めたときは、とにかく記事を更新することのみに懸命でしたが、書き連ねていくうちに、このブログでお伝えしたい柱が見つかりました。

女性管理職としての、会社員ライフ

私の人生大半を占めている「会社員ライフ」
特に、女性管理職としてどのようにやってきて、日々過ごしているか?

このカテゴリーへのリンクはコチラ
https://ikumi3.com/archives/category/daily-events-of-working-life

「中小企業の事務員から始まって、一部上場企業の部長職に至った私のキャリアヒストリーと、お伝えしたいこと」について。まとめた記事です。
中小企業の事務員から始まり、一部上場企業の女性管理職となった私からお伝えできること 4つのポイントとともに解説します

今後は、キャリアの積み上げを目指している女性の応援をしていきたいです。

女性管理職としての「悩み」と「求められること」について。アドバイスをまとめました。
女性管理職の「悩み」と「求められること」 私の15年経験からのアドバイス

仕事と子育て

フルタイムで働きながら子どもを育てる。大変だったなー。子どもの年齢に合わせてどのようにやってきたか?について。まとめた記事です。
子育てとは20年スパンで考えるべし 「働きながら子どもを育てる」私の経験を紹介します

こんなことも書いています

仕事をしながらの主婦業とはなんとも忙しい。家事の効率化と時間短縮のために取り組んでいることを書いています。

このカテゴリーへのリンクはコチラ
https://ikumi3.com/archives/category/time-saving-for-housework

会社仕事だけでなく、情報発信で世の中に貢献したい

会社仕事だけでなく、情報発信することで、世の中に貢献したい。

ブログを書くことに加えて、セミナーなどでの登壇にもチャレンジしています。

このブログが誕生した日

情報発信者になりたいと、ブログを始めたのが2017年7月22日、55歳のときです。
自分がこれまでやってきたこと、日常のできごと、感動したこと、楽しかったこと、美味しかったこと…あらゆるトピックで、ほぼ毎日更新中。

得意なこと

根性を要すること(仕事でもプライベートでも、なんでも)
とにかく行動すること
組織の上に立ってまとめること、特にピープルマネジメントが得意
素直力(アドバイスをもらったら、その通りに実行する)
英語(TOEIC過去最高スコア750点)

私のストレングスファインダー

1.学習欲
2.未来志向
3.個別化
4.ポジティブ
5.アレンジ
2018年9月に実施した結果。初回に実施した7年前(最上志向や責任感が上位にありました)とは大きく結果が異なっており、おもしろいものです。

趣味

ピアノ:高校生のときからバンド活動をしていて、当時の師匠から「プロにならないかい?」とお誘いいただいたことがあります(笑)社会人になってもしばらくその活動を続けていましたが、その後残念ながら音楽活動からは遠ざかってしまっています。そろそろピアノも再開したいなぁ。

Jazz大好き:モダンジャズをよく聞いています。このWordPressバージョンテーマが「Evance」でもあるため、ブログを立ち上げて以降、Bill Evanceをよく聴いています。

お料理&お酒大好き:好きなお酒をのみながらお料理するのが楽しいです。我が家のキッチンがいちばん癒される場所。

バックグラウンド

神奈川県相模原市出身。

小中は地元の公立校。中学の成績がなぜか?よかったため、高校は県立の進学校に入学。周りに優秀な生徒が多く…少々落ちこぼれる。
大学は、高校3年時の担任に「キミの個性からしたら、ココの大学に推薦で行くべし」と勧めてくれたところを受験。推薦入試の際、作文もスイスイ書けて、面接では教授と爆笑で盛り上がる(笑)結果、無事合格。

和光大学 人文学部 人間関係学科(現:現代人間学部)卒。

30年間慣れ親しんだ神奈川県から、結婚を機に広島県広島市に6.5年、大阪府豊中市に2年在住の後、再び神奈川県に戻り現在に至る。

会社員の夫と息子も偶然に、同じような業態(人財ビジネス)に従事しています。

広告