2018年9月9日の午前5時 美しい朝焼けに感動

居間のカウチでしょっちゅうウタタ寝をしてしまうワタシ。
今日もやっちゃいました(>_<)

気がつくと朝の5時。
あちゃー。

ふと窓の外を見るとピンク色に染まっている。
なななんだー?
寝ぼけ眼をゴシゴシこすってみても、やっぱりピンク。

ベランダに出て空を見上げてみると。
ピンク色に染まった朝焼けが広がっているじゃないのー!
夢中でシャッターを切ります。

いちばん気に入ったのをアイキャッチに。ちょっとオレンジがかっています。

写す角度によっては、様々な色がとらえられます。こちらは紫がかっている感じ。

これは、iPhoneを上下反転して写したもの。雲の筋が不思議な感じでオモシロイ。

この角度だとやや青が強いかな?

ところで、朝焼けが観えるのって、どんなときなんだろう。

空が濃く鮮やかな色に染まるのは、空気中の水蒸気量が多いことが要因です。
朝と夕方は太陽高度が低く、波長の長い「赤い光」はあまり散乱されずに地球に届きますが、空気中に水蒸気が多いと適度に散乱し、目に入って来やすくなるのです。

「朝焼けや雨、夕焼けは晴れ」というお天気のことわざ。日本の天気は、西から東へと変わっていきます。

朝焼けが見える
→東の空が晴れていて、西から雨になる可能性が高い

夕焼けが見える
→西の空が晴れていて、翌日も晴れる可能性が高い

…ということを表している。このことわざがよく当たるのは、高気圧と低気圧が交互に通過する春と秋です。
―au天気(weathernews.auone)より引用

ふむふむ。
すると、明日は西から下り坂なのかしらん?

その後二度寝しちゃって(笑)再び目覚めたら真っ青な秋の空。

朝5時に起きていることなぞ、滅多にないワタシですが、ウタタ寝のおかげで、美しい朝焼けに感動ができましたw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆会社員のプロ/100年ライフブロガー☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら