昼休みは外食&散歩 時間術&ミス予防に役立ちます

昼休みには外に出て、ランチ&散歩を日課にしています。

それまでのワタシは、ビル内にある社食で「オヤジ喰い」(笑)

しかし、精神科医・作家、樺沢紫苑先生の著書『神・時間術』を読んで、ランチタイムを見直しました。

神・時間術

外食ランチをする理由は、本に書かれてあった以下のことを実践するためです。

  • 朝のゴールデンタイムで集中仕事
  • 昼休みは外に出て日光浴&歩くという適度な有酸素運動によって、セロトニンの活性化が図られ、午後も集中仕事を可能にできる。
  • 社外に出ることで、場所ニューロンも活性化され、フレッシュな思考やアイディアの創生を導いてくれる。

ほんの一時間な昼休みですが、ホントに捗る捗る!
まさに、”神・時間術”です。

レストランと散歩

ワタシの会社は東京湾近くにあるため、レストランの数はあまりないけど海沿い散歩ができて嬉しい。

いつもは浜崎橋にある、ハンバーグが美味しいコチラのお店に行くことが多いのですが、残念ながら本日はお正月休み中。

さらに竹芝桟橋方向まで足を伸ばすと、ホテルインターコンチネンタル東京ベイがあります。

いかにもゴージャスな雰囲気。

ですが、一階のレストランにカジュアルランチがあって、サラリーマンにはありがたい!

ミス予防には自然と触れ合うとよい

帰りは竹芝ふ頭を散歩。

やはり、樺沢先生の近著『絶対にミスをしない人の脳の習慣』で

  • 自然と触れ合うことで、脳のワーキングメモリを高めることができ、ミス予防に役立つ

と教えてもらい、なるべく毎日、海を見に行くようにしています。

アイキャッチ画像は、散歩中に撮影できた今日の東京湾です。

写真術の練習もできて、しかも、行って帰って4,000歩近くも有酸素運動ができ、一石四鳥だわーw

今日の一言

時間術とミス予防。

日頃のちょっとした心掛けで果たせるのは、本当にありがたいことです。

年始仕事始めでなにかとダラケがちな本日。

お陰で英気が充分養えて、さっ、午後も仕事仕事♪

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら