【昼休みの外食ランチと散歩】ストレス解消をして、時間術&ミス予防に役立つ

広告

昼休みにはなるべく外に出て、ランチ&散歩をするようにしています。

あるときまで、ランチの過ごし方といえば、ビル内にある社食で「オヤジ喰い」
しかし、精神科医・作家/樺沢紫苑先生の著書『神・時間術』を読んで、ランチタイムを見直しました。

その後の「私流昼休みの過ごし方」について、ご紹介します。

神・時間術

外食ランチをする理由は、本に書かれてあった以下のことを実践するためです。

  • 朝のゴールデンタイムで集中仕事
  • 昼休みは外に出て日光浴&歩くという適度な有酸素運動によって、セロトニンの活性化が図られ、午後も集中仕事を可能にできる。
  • 社外に出ることで、場所ニューロン(違う場所で過ごすことによっての気分転換)も活性化され、フレッシュな思考やアイディアの創生を導いてくれる。

ほんの一時間な昼休みですが、その後の仕事が捗ること。まさに"神・時間術"です。

レストランと散歩

私の会社は東京湾近くにあるため、レストランの数はあまりないけど海沿い散歩ができて嬉しい。

竹芝桟橋方向まで足を伸ばすと、ホテルインターコンチネンタル東京ベイがあります。

いかにも「ゴージャスな雰囲気の異空間」で過ごすのもヨシ

一階のレストランにカジュアルランチがあって、サラリーマンにはありがたい

ミス予防には自然と触れ合うとよい

帰りは付近を散歩。

やはり、樺沢先生の書『絶対にミスをしない人の脳の習慣』で

  • 自然と触れ合うことで、脳のワーキングメモリを高めることができ、ミス予防に役立つ

とあり、なるべく外に出て直に景色を眺めるようにしています。アイキャッチ画像は、散歩中に撮影した海の様子。

行って帰って4,000歩近くも有酸素運動ができ、午前中のストレス解消ができて、ミスもほとんどせずに済むようになった。

いいことづくめです。

最後にひとこと

時間術とミス予防。日頃のちょっとした心掛けで果たせるのは、ありがたい。

私が参考にしている書はコチラです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら