ダイニング 旬 (Dining Shun)【新百合ヶ丘ランチ】シェフ自慢の南仏料理 グラタンの真髄を教えてもらえる名店

広告

こんにちは。美味しいランチにのお店には目が無い ねーさん(@nesan_blogger)です。

神奈川県川崎市/小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩3分の「ダイニング 旬 (Dining Shun)」のランチメニューが絶品だったので、ご紹介。

味わい深い南仏料理はとても美味しい。

特に「グラタン」の真髄を教えてもらえる、こだわりの名店です。

ダイニング 旬 (Dining Shun)店内の様子とランチメニュー

お店の場所は、小田急線新百合ヶ丘駅前・南口のペデストリアンデッキを過ぎたところの通り沿いにあって、駅から徒歩3分の近さではありますが、静かな佇まいです。

緑の窓枠が爽やかで、店内も木目調で明るい雰囲気。

テラス席もあって、暖かい季節のときは気持ち良さそう

ランチメニューはシェフイチオシの「クリームグラタン」と、「スープカレー」
期間限定のカレーメニューもあります。

"フレンチのお店なのにカレーに本気で取り組んでみたら、あとに引けなくなった"シェフ特製の「カレーメニュー」は、TV番組『タモリ倶楽部』でも取り上げられました。

「やり過ぎたカレー!!」とはそんな意味が込もっていて、緊急事態宣言期間限定(2021年)とのことですが、興味をそそられます。

ランチは前菜とメインディッシュの組み合わせ

ランチは前菜(500円)とメインディッシュの組み合わせになっています。

日替わりの前菜。私が行ったときは、アサリとブロッコリーの洋風炊き合わせと、チキンのパテ。どちらもサッパリした味わいでバケットによく合います。

2021年2月新作の「ゴロッとポークのスパイスカレー」
ご飯の上に大きな豚肉のソテーが文字通り「ゴロッと」乗っている!

サラッとしたカレーはスパイスが効いたコクのある味わいで、ご飯がドンドン進みます。

シェフが「当店いちばんのオススメ」と言っていた「クリームグラタン」
その日に仕入れた新鮮なお魚の丸ごとポワレ(フライパンで焼く)が特長。

今回は「クロダイ」を使用。お魚そのものの美味しさとチーズを乗せたカリッカリの表面、フワッフワの中身。

深みのあるクリームソースとの相性も抜群です。

ちなみに「グラタン」というと、つい、マカロニがセットになっているような印象ですが、シェフに教えてもらいました。

グラタンって「オーブンなどで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法のことでね。この調理法を用いたものはすべてグラタンなんですよ。うちのはホワイトソースは使っていなくって、クリームソースにジャガイモを下に敷くことでトロミを出しています。

画像に撮りそびれてしまいましたが、確かに底にはジャガイモの薄切りが敷き詰めてある。

「お料理トリビア」的なことを教えてもらえるのも嬉しいものです。

ダイニング 旬 (Dining Shun)お店情報

所在地神奈川県川崎市麻生区上麻生 1-15-12 新百合丘和田文ビル 1F
予約・問い合わせ050-5597-9521
営業時間Lunch 11:15~15:00(L.O.14:30)
Dinner 17:00~22:00(L.O.21:30)
※2021年緊急事態宣言の間は 17:00~20:00(L.O.19:00)定休日:水曜日
その他各種テイクアウト可、詳細はお店へ直接お問い合わせください
044-712-5550
ウェブページ(食べログ)ダイニング 旬 (Dining Shun)

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら