おでん懐石の名店「竹千代」 金沢一泊二日旅行 ディナーに舌鼓 編

広告

金沢一泊二日旅行。

美味しいお料理がたくさん!の金沢。
今回のディナーは"おでん懐石"という、趣きあるテーマの名店「竹千代」さんに行ってきました。

竹千代_お店情報

こちらのお店、元々はおでん屋さんだったそうですが、“おでん”という素材をさらに、洗練された懐石料理に仕立てられた。

店内はカウンター6席のみ。予約しないと入れないことが多いようで、今回も20時30分から予約三名で、ようやく確保ができました。

場所は、市内中心地の香林坊(こうりんぼう)バス停から徒歩3~5分のところにあります。

関連ランキング:割烹・小料理 | 野町駅北鉄金沢駅金沢駅

竹千代_メニュー

メニューはコースのみ。季節に合わせた、すべて手作りのお料理。
全部ではなくてすみませんが、ご紹介します。

胡麻豆腐。プリップリな食感に合わせダレが絶妙。

香箱ガニ。北陸名産のメスのズワイガニ。毎年11月初旬に解禁、12月末までしか入手できない(シケがあると、もっと早まる)この季節ならではの逸品。

海老のしんじょ

ヒラメの昆布〆とブロッコリースプラウト、ミョウガの和え物

鶏団子

自家製コンニャク。さまざまな素材が織り込まれていて味わい深い。

加賀野菜、源助大根と金沢春菊の炊き合わせ。トロけます。

炊き込みご飯。おこげが嬉しいw

お豆腐の赤出汁

食後は、店主が点てくれる抹茶

和菓子

約2時間、料金はお酒代も含み15,000円ほど(詳しくは忘れちゃった(๑˃̵ᴗ˂̵)
北陸の季節の幸を、心ゆくまで堪能できましたw

今日の一言

地の素材を活かした和食と店主のこだわり。
プロフェッショナル魂を感じることのできる、味わい深い名店でした。
ご利用の際には、ぜひ事前に予約をされることをおススメ。

ディナーを堪能した後は、宿泊ホテルへと向かいます。

次記事へと続く♪

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら