いつか空は晴れる 世の中が辛い時に、部下さんの悩みに私が伝えたこと

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

2020年春のパンデミックで世の中が辛い状況にあって、仕事もいつも通りにいかない日々が続いています。

部下さんの悩みも尽きない。どう支えてあげればいいのか正直私にも解りません。

「とにかく、いつか空は晴れるから」そんなことしか伝えられないけれど。
試練を堪えてみんなで乗り切ろう。

今回は、そんなお話です。

「望まないテレワークでストレスMAX」という、リーダーの訴え

リーダーから訴えがあります。

「望まないテレワークで、みんなストレスMAXです。自宅でうまくネットワークに繋がらない。繋がったとしてもところどころ途切れて困るって。メンバーから次々に言われるんです」

そうだよね。テレワーク推奨っていうけれど
会社の回線で仕事をすることが大前提なのに、個人宅のインフラに頼らなければならない状況。それぞれ備えている回線は千差万別で、業務用に利用するっていってもスムーズにいかない事も多いよね。

解るよ。申し訳ない。リーダーは辛い。

でもね。

そもそもこの災禍自体誰も望んでないし、全世界のみんなが大変だから。

仕事をして世の中に貢献するのが私たちの使命。堪えて乗り切ろう、と伝えてみます。

それでも納得がいかないと言われる

「解っています。でも、辛いんです。納得いかないです」
さらにリーダーから返される。責任感が人一倍強い彼女だから、なおさら抱えてしまうようです。

こういう非常事態のときって、納得する必要なんてないよ。
「私たち大変だし辛いし」って、ただただ受け止めるだけでいいの。

自分たちの力だけではどうにもならないこともあるから。

本音では「大変なのはあなたたちだけじゃないでしょ。周りをしっかり見てね」と言いたいところでしたが、今このリーダーの心情に、それを伝えたところで響かないだろう。

言葉を飲み込みました。

いつか、空は晴れる

替わりに別のことを伝えました。

どんなに嵐が吹き荒れようと、雨や雪が降り注ごうと、いつか、空は晴れるよね。

今、みんなが大変なときに「いつか」が、いつくるのか見えないけれど、とにかく試練を堪えてその時を待とう。

私も一生懸命がんばるけれど、自分一人でできることは限られているから。あなたの力を貸してね。

それでもまだ何か言いたそうにしていましたが、自分のチームのことだけ必死になるという考え方からさらに、視野を広げてもらえたら、嬉しい。

最後にひとこと

そんな出来事のあった翌日。

朝から集中豪雨で雷やら強風やら荒れまくりの天気。ただでさえ緊急事態宣言で心配が募っているのに、さらに不安が増します。

ところが。

午後になったら抜けるような青空が広がり始めた。

あらためて思いました。

いつか、空は晴れる。

パンデミックが収まって、全世界にそんな時が訪れることを切に願います。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら