【めぐりズム蒸気の温熱シート】朝起きたら左肩が上がらない この1枚で症状が和らいだ

広告

こんにちは。毎日の体調維持になるべく気を付けている ねーさん(@nesan_blogger)です。

朝起きたら、左肩が上がらない。

ねーさん

肩も腕も痛くて、うまく動かせない

今までこんなことはありませんでした。
困ったなぁ。そんなときに【めぐりズム蒸気の温熱シート】に助けてもらった。

ご紹介します。

血行促進・痛みの緩和

私は肩こり持ちではありませんが、夫が極度の肩こり持ちなため、この商品は常に我が家に常備しています。

長時間同じ姿勢でいるなど、体に緊張状態が続くと血管が収縮し、血行が悪くなります。
その結果、痛みやこりのもとが患部にたまってしまいます。
ー花王 ウェブページ「めぐりズム蒸気の温熱シート」より引用

"長時間同じ姿勢"確かに思い当たるフシがあります。

パッケージに書かれてあった「血行促進・痛みの緩和」に藁にもすがる思いで、左肩に貼ってみました。
患部がポカポカと温まるような感覚が心地よく、また、できるかぎり肩をぐるぐる回すなどして血行促進に努めてみたら。

数時間ほどして、だいぶ緩和してきました。

なぜ私は「長時間同じ姿勢」でいたのか

さて、その原因。思い当たるフシがあると書きましたが、ズバリそれは「スマホのやり過ぎ」です。

前日は、どうしてもその日中に取材して仕上げたいブログ記事があったので、朝から電車の中でスマホ三昧。
加えて、Twitterの「フォロワーさん盛り上げイベント」にも参加していたので、ブログ書いてTwitterして、もう1日中スマホと格闘していました(笑)

ゆえに、ずっとスマホを持ち続けていた左肩が悲鳴をあげてしまったのでしょう。

日頃はあまり意識をしていませんでしたが、あらためて重量を測ってみると、スマホケースも含めて284g。
例えば、お米1合が約150gだからお米2合分に近い重さなんですよね。

ねーさん

これじゃあ、左肩も疲弊しちゃうわ

長時間スマホを使う場合は膝の上にカバンを置いてその上に固定するなど、工夫が必要だと痛感しました。

めぐりズム蒸気の温熱シート 風邪の引きはじめにも効果があった

今回は、肩痛に効果をもたらしてくれましたが、その他に私が活用していることも合わせてお伝えします。

それは、風邪の引き始めの時。

ちょっと喉が痛いなぁ、このままだと風邪症状が進行してしまいそうだ…といった際には、寝る前にこの商品を背中に貼って、さらにネックウォーマーなどで首回りも温めて一晩経つと。

約40℃の蒸気の温熱が5~8時間。患部の奥深くまで、じんわり温めほぐしてくれる。
翌朝には結構な汗を掻いていますが、スッキリできて喉通も解消できた、という経験もあります。

Amazonだと1枚あたり67.6円(2020年3月現在)と手軽に購入ができるのも嬉しいです。

最後にひとこと

調子が悪いときには体を温める、これがきっと、良いのかもしれませんね。

私は医療の専門家ではありませんが、実際に利用して効果があったのでご紹介をしました。

何よりも、今回のように「同じ姿勢を持ち続ける」ということは避けないと…反省しきりです。

ねーさん

日頃から体調維持に気を配って、元気で過ごせるようにしたいねー

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら