トイレットペーパー 欠品騒動 新聞販売所の古紙回収で交換してもらったリサイクル商品が役に立った

広告

こんにちは。会社員と主婦業兼務30年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

この記事を書いているのが、2020年2月下旬。
新型肺炎(コロナウイルス)の流行による風評被害で、お店の棚から突如トイレットペーパーが消失してしまいました。

さて困った…そんなときに。

日頃から、近所の新聞販売所が実施している古紙回収に参加して、その都度、交換品であるリサイクルトイレットペーパーを備蓄していたことが思わず役に立ちました。

ご紹介します。

新聞販売所の古紙回収とは?

我が家が購読している新聞には、定期的に古紙回収のチラシが封入されています。

販売所が主催している企画のようですが、専用の回収袋に古新聞を詰めて所定場所に置いておくと、定期的に、1袋あたりリサイクルトイレットペーパー1ロールと交換してもらえます。

リサイクルペーパーなので、ややゴワゴワしていて本来の目的には少々使いづらく(笑)掃除などに利用していました。

とはいえ、一度に大量に使うわけでもないので、おのずと備蓄されて、常に10ロールくらいが掃除用具入れに収まっている。

ちなみに、私の居住しているエリアの古紙回収業者の一覧ページはコチラです。地域を選択すると他のエリアも見ることができます。

神奈川県の古紙回収の会社一覧|Baseconnect

トイレットペーパー欠品騒動2020

さて、2020年のトイレットペーパー欠品騒動。冒頭に「風評被害」と書きましたが以下のようなあらましです。

「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。トイレットペーパーが入手困難になるぞ」「マスクと同じ原料を使っているからトイレットペーパーが品薄になっている」という噂がネット上で広がった。(中略)
日本家庭紙工業会 林廣文会長:
2019年の国内出荷に基づくと、97.7%が日本製です。在庫も十分ございます。
ー2020年2月28日  FNN PRIMEより引用

トイレットペーパー入手困難というのは、真実ではないようです。

ですが、近所のスーパーやドラッグストアの棚からは、トイレットペーパーだけでなくキッチンペーパーやティッシュペーパーなど、あらゆる紙製品が"もぬけの殻"でビックリしてしまいました。

ねーさん

非常時になると、いろんなことが起こるものなのねー

さて、困った…そんなときに備蓄品を思い出す

生憎、我が家がいつも使用しているトイレットペーパーが無くなりかけています。

ねーさん

あらら〜どうしましょう、困ったわ

店には無いし、いつ補充されるのかも不明。そんなときに「古紙回収で備蓄したもの」を思い出した。

普段はほぼ見向きもしなかった、このリサイクル品。
今回の「トイレットペーパー欠品騒動」に思わず役に立ちました。

ゴワゴワだのなんだの、言っている場合じゃない。
とにかく、品物が家にあること自体に安堵です。

最後にひとこと

地域のちょっとした活動。あまり注意深く取り組んでいませんでしたが、

今後は自分たちが協力できることにできる限り参加することで、きっと何かの時に役にたつかもしれないと気づきました。

何より、今回の騒動が少しでも早く収まってくれることを願います。

ねーさん

なんだかんだあったとしても、みんなが落ち着いて過ごせるようになるといいな

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら