元部下さんからの、ブログのお問い合わせ 「会社員」「ブロガー」の二軸が繋がった出来事

広告

ブログに「お問い合わせ先」のリンクを貼っています。

時々お問い合わせをもらう程度なのですが、とあるとき、見慣れた名前からのメールが届いている。
よく見てみると、元部下さんじゃありませんか。

ビックリしたけれど、嬉しかった。
今回はそんなお話です。

ブログを通じて、切れてしまったご縁の再開

彼女は証明写真を撮る必要があって、色々とネット検索をしていたようです。

見つかった記事を見て、そこに私の「顔写真」が出てきたからもう、腰を抜かさんばかりだったとのこと。
あははー。驚かせてすまん(笑)

でも、ご本人が知りたいと思っていたことの役に立ったようで、わざわざメールをくれたのです。

ブログを書いていたからこそ、切れてしまったご縁が再開できたとも言える。

なんだかありがたいなー。

会社員でもブロガーでも、自分であることに変わりはない

何かを発信するときは、「こんな人に届けたいな」と、その相手(ペルソナ)を意識しながら書くことが大切。

ただ「こんな人」というのは、基本「自分が知らない人」と勝手に想定していた。
今回のように「自分が知っている人」に届くというのが、とっても意外です。

私の主業である「会社員ライフ」のなかに、その読者さんがいてくれる…ということに、実は気づいていませんでした。
むしろ「会社員」と「ブロガー」とは、自分の中で別物だと、妙に線引きをしてしまっていた。

よく考えると。

会社員でもブロガーでも、自分であることに変わりはない。そこに線を引く必要はないんですよね。

「二軸」が繋がる

その部下さんとは長いおつきあいでした。
新卒さんの頃からサポートさせてもらって、早12年。

残念ながらご家庭の事情でつい最近退職されましたが、お問い合わせに書かれてあったこと。

「大変参考になりました。こんなときに、こんなことでもお世話になるなんて、もうお礼を言うしかない!とメールしました」

このメッセージを見てとても嬉しかった。
私の中であらためて「会社員」「ブロガー」という二軸が繋がりました。

今日の一言

ブログを書いていると、様々なご縁をもらえるものです。

新しい人との出会い。知っている人との再びの出会い。
インターネットとは偉大だと、あらためてその恩恵に感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら