平成の仕事納め 次の出社日は令和元年【女性管理職の仕事日記2019.4.26】

広告

本日は2019年4月26日(金)
我が勤務先は、翌日から5月6日(月)まで10連休となるため、これが平成の仕事納め。
次の出社日には「令和元年」へと変化しているのだな。

「元号が変わる日が分かっている」というのは不思議なものです。

とはいえ、業務上で使用する日付はほとんど西暦なため、実際に何か影響があるか?と考えると、ほとんど無さそうだ。
あえて準備することを挙げるとしたら、連休中に何かあったときのための連絡体制や報告フローなど。

そういえば、昭和から平成へと変化したときも、世の中の「自粛ムード」はあったにせよ、業務上はさほど大きな変化がなかったように記憶しています。

きっと、5月7日からも、
いつもと同じ時刻に出社して。
いつもと同じデスクに着席して。
いつもと同じに、スケジュールや課題をこなして。

時々雨混じりの曇天に、移り変わりゆく時代への思いを馳せつつ、平成最後の、オフィスから見える景色を写してみました。

さようなら、平成。ようこそ、令和。
心あらたにして、これからも一生懸命に働こう。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら