なにかとバタバタそわそわな、4月の始まり 会社員 春の風物詩【女性管理職の仕事日記2019.4.1】

広告

4月になりました。

我が勤務先は、年度初めが10月なので、下半期の始まり。
そもそもの期初である10月にくらべて、混乱度合いはさほどではないものの、4月が年度初めのクライアントさんも多く、初日からなにやらバタバタの連続。

とくに、業務を担当してくださっていた方が異動されたり、退職されたり。
人が動く時期でもあるので、クライアントさんの社内も混乱中の模様。

「もーアレコレしっちゃかめっちゃかで、ちょっと待っててくださーーい!整理してまたご連絡しまーす」と一報が届いたりして、それを見ると、こちらもなんだかソワソワしてきちゃいます。

一方、勤務先ビルに入っている各企業も、新入社員さんを一斉にお迎えしているようで、朝のエレベータホールでは「新卒ルック」に身を包んだ"大荷物のご一行"が次から次へとやってくる。
きっと、全国各地から導入研修のために集まってきた方々なのだろうな。

我が部署には新卒さんの配属は無いのですが、会社全体ではやはり、多数の新卒さんをお迎えしており、研修担当者もテンヤワンヤ。

こうした様子も、会社員にとっては、4月の風物詩のようなもの。
なんだかこれがないと、春になった気がしないー(笑)

そんなこんなで、あっと言う間にGWに突入しそうです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら