久しぶりにクリニックに行ったり、昼間の光を我が家で見たり たまにはだらんとするのもいいもんだ

広告

ここのところ風邪気味か続いており、何とか気合いと根性で持ち堪えていたものの(笑)
昨夜から咳が止まらなくなり、観念して病院に行ってきました。

近所の呼吸器専門クリニックは、いつも激混みで待ち時間2時間というのもザラ。具合が悪いのに加えてヒタスラ待つのは無理。

仕方なく、自宅から歩いて15分くらいのところにある、以前住んでいた場所近くでお世話になっていたクリニックを10年ぶりに訪れてみました。

おかげさまですぐに順番がやってきた。

久しぶりに会った先生、随分年取ったなー。
いや、相手もきっとそう思っているに違いない。

以前とは違って、あまりお薬を出さなくなったのが意外。この10年で治療のトレンドも様々変わったりしているんだろうな。

咳止めを処方してもらい、早速服用したら随分楽になりました。

ふと室内を見渡すと、午後の光が差し込んできて、なんともシャッターチャンス。
パシャッとしてみたら、さらに気分が上向いてきた。

なんだかゆーったり流れる時間。
自宅で昼間の光を見るのって、随分久しぶりだなー。

アレもしなきゃコレもしなきゃと追われガチな毎日、たまにはだらーーんとするのもいいもんだ。

明日からまたいつもの日常。
今日一日あともう少し、ゆっくり過ごすとしよう。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら