「風のように軽い」がキャッチフレーズだった  森永チョコフレークの生産終了 ロングセラーであれるのは難しい

広告

森永製菓の「チョコフレーク」が生産終了になると、ニュースで見ました。
この商品は1967年発売。当時のCMで「風のようにかるいー♪」という歌が流れていたのを懐かしく思い出します。

コーンフレークスにチョコをまぶしたような、サクッとしたテイストがとっても好きでした。
しかし発売から51年…その幕を閉じることとなった。

今日の新聞にもその記事があって、あらためて寂しさを感じています。

記事によると、スマホを見ながらつまむスナック菓子としては、手が汚れないというのが命題とのこと。
ゆえに、チョコフレークもすたれてしまったらしい…と書いてあります。

しかも他社製品でも、ポテチを食べるのに手が汚れないための「トング」とか、袋から直接食べれるような「ワンハンドスナック」とかがもてはやされているようだ。

いやー。ポテチをトングじゃ食べないでしょー。
いやー。袋から直接食べなくとも…なんだか違和感満載です。

でも、思ったこと。

ロングセラー商品も、その味とか関係ナシに、ITの進化とともにすたれてしまうこともあるのかもしれない。
食品って、味が「クオリティ」の第一だったハズなのに、その時代は、過ぎ去ろうとしているのかもしれない。

なんだか寂しいな。
なんだか難しいもんだ。

無性にチョコフレークが食べたくなり、近所のお店を走り回って探したけれど。
残念ながら見つけられませんでした。

とはいえ。

50年以上も、スナック菓子の楽しさを教えてくれたチョコフレーク。
ワタシにとっては、"昭和の象徴"とも思えるような、素敵な商品でした。

チョコフレークさん、ありがとねー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら