部下さんから食ってかかってこられたとき 上司はどうすればよいか

広告

こんにちは。女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

部下さんから食ってかかってこられたときって、動揺してしまうもの。そんなときにどうすればよいか?

具体例も交えてご紹介します。

部下さんから食って掛かってこられたときの対処法

まずはポイントを3つにまとめると

ココがポイント

  1. 上司も一緒になって感情的にならず、冷静に対応する
  2. その裏にある、何かのモヤモヤを吐き出してもらう
  3. 相手が落ち着いたところで、解決法を一緒に考える

さらに具体的に解説していきます。

上司も一緒になって感情的にならず、冷静に対応する

チームメンバーの育成方法を変更しようと話し合っていたとき。トレーニングの主担当をしている部下さんから言われました。

「ねーさんが言うやり方、ここがおかしいと思います」
「そもそも、実際にうちのチームでの育成をやったことがないねーさんに、意見されたくないです」
「◯◯さん(新しくトレーニング担当をお願いする予定の別の部下さん)にはできません」

立板に水のごとく次から次へと言葉が出てきて、口調もだんだんエスカレート。

つい、自分もつられて感情的になりそうになりますが、お互いにヒートアップしてしまっては元も子もありません。

できる限り冷静になって対応することを心がけます。

その裏にある、何かのモヤモヤを吐き出してもらう

この時点で「じゃあ、どうすればいいと思いますか?」と突き詰めようとしても、感情的になっている相手にはかえって逆効果。

本人の中にきっと何かのモヤモヤが巻き起こっているに違いない。
まずは、その"モヤモヤ"をできる限り多く吐き出してもらいます。

そのために掛けるとよい言葉が「他に言いたいことはありますか?」

あとはしばらく相手が何か言い出そうとするのを待っておくと、大抵は次々と話し出してくれるものです。

今回の部下さんの例だと、

  • 周囲から色々言われてストレスを抱えていたこと
  • 同僚たちと比べても自分の方が遥かに頑張っているのに、評価されていないように感じていること

…など、色々と溜まっていたことがあるようでした。

さらに「他に何かありますか?」と聞いてみて、「あとはありません」と答えが返ってくるまで、繰り返し傾聴を続けるようにします。

相手が落ち着いたところで、解決法を一緒に考える

すると、波立っていた感情が大分落ち着いてくるもの。

労う点は「いろいろ大変だったね。ご苦労さまでした」としっかり伝えて、あらためて解決法(今回の事例の場合は、育成方法の変更)を一緒に考えていきます。

ただし、上司側が「こういう方針でいきたいと考えているので、そこに沿ってよい方法を決めていく」とボールを持っておくことも大切。

あらためて話し合いをして、ようやく合意形成ができたときにはホッとしました。

対話の大切さ

ここまで、「部下さんから食ってかかってこられたとき」のことについて解説してきましたが、あらためて実感するのが対話の大切さです。

食ってかかられるのってなかなかしんどいし、もうちょっとその言い方変えませんか?と諭したくもなるけれど、不満や意見を抱えているのに何も言って来ないよりも、とにかく話をしようとしてくれているのはありがたい。

上司の仕事というのは、業績目標達成だったり、組織の運営だったりと色々あるでしょうが、大半は「部下さんの話を聴く」ことなのかもしれません。

最後にひとこと

ミーティングお開き寸前になって部下さん「ねーさん。さっきは『ここがおかしい』などと、失礼な言い方をしてしまいすみません」

私も最初はかなりカチンと来ていましたが、最後には素直に「おかしいと思ったことあるなら、これからも教えてね。ただし言い方には気をつけて。」と返すことができました。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら