【冷んやり敷パッド】梅雨時の寝苦しさ解消で翌朝まで熟睡「イオンのホームコーディ コールド」

広告

この記事では夏場に布団の上に敷く「冷んやり敷パッド」を試してみた感想と、オススメ商品についてお伝えしています。

こんにちは。主婦歴30年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

夏場の寝苦しさは長年の悩み。
早いと梅雨の頃から、寝ている最中の暑さがつらいときが発生します。

そんなときに試してみた「冷んやり敷パッド」が効果抜群。おかげで熟睡ができました。私が購入したのはスーパー「イオン」のホームコーディー コールド、というシリーズの商品。

ご紹介します。

冷んやり敷パッドを購入した理由

まず、なぜ私がこの商品を購入したかについて。

まだ真夏になる手前の6月某夜。
気温はさほど上昇していませんでしたが湿度が高い。熟睡できないかも…と不安を持ち、冷房を高目の温度設定にして就寝したところ。

何時間かおきに目覚めてしまい、寝不足のまま翌朝を迎えました。

これでは辛すぎる。

以前から"冷んやり系寝具"の存在は知っていましたが、藁にもすがる思いで近所にあるスーパー「イオン」で購入することにしたのです。

イオン ホームコーディコールド

イオンのプライベートブランド「ホームコーディ」は、シンプルで機能的な商品が多い。特に寝具は「ぐっすり眠るこだわり」をキーワードにしていて、使い心地もコスパもよくて嬉しいです。

我が家の枕もイオンの商品。よろしければコチラの記事もお読みください。

コールドシリーズは"ひんやり快適、接触冷感"がキャッチフレーズ。

お店の照明の加減で、ちょっと濃い色に写っていますが、実際は淡いピンク。他にブルーがあります。

冷え度合いによって、4タイプに分かれている。一番冷え効果のありそうな「アイスコールド」にしました。

サイズは「シングル」「セミダブル」「ダブル」「クイーン」の4展開。「シングル」だと、税込で4,048円です。※2020年6月現在

敷布団の上にセットする

さっそく敷布団の上にセット。

我が家ではベッドを利用しているので、四隅に止めゴムがついているタイプが便利です。

ココがポイント

この「冷んやりマット」は肌に直接触れるほうが効果をより感じられる。上からシーツを敷かないのがオススメです。

見た目がイマイチですが(笑)この際気にしている場合ではありません。汚れたら、洗濯機でジャブジャブ洗えばOKです。

特長は【持続冷感(中わた上層)】【抗菌防臭(中わた下層)】【吸放湿(中わた中層)】【通気性が良い(裏側)】の4点。厚さがそれなりにあるのですが、こうした機能を保つために必要なのですね。

夜中に寝苦しくて起きることなく、目覚めたら翌朝

実際に寝てみて「わぁー冷えっ冷え」というほどではありませんが、じんわりクールさが伝わってくる…といった感じ。

目覚めたら翌朝になっていて、夜中に寝苦しくて起きることなく済みました。ちなみに、気温が少し低めの日があっても、特に冷えすぎて気になるということもありません。

真夏の猛暑になったら冷房との併用も必要かもしれませんが、冷房をつけっぱなしで寝るのニガテな私。この商品でしばらくは凌ぐことができそうです。

通販での購入も可能。詳しくはコチラ↓
ホームコーディコールド | イオンの公式通販「イオンスタイルオンライン」

最後にひとこと

長年の主婦生活でもこんな革命的な商品、初めてといっても過言ではありません。早く買えばよかった。

この後どれくらいの年数効果が持続するかは、またこのブログでお伝えしたいです。

各メーカーで同様の商品展開もされているようですが、Amazonだとコチラが冷え度合いも似たような感じです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら