リーダーが増えないと悩んでいる管理職のあなたへ リーダーは「なるもの」ではなく「なってもらうもの」 管理職15年の私からお伝え

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

これまでの私の経験のなかで、もっとも大切だと感じていること。
それは、組織の中でリーダーを増やしていって、複数のリーダーに各業務を主導してもらうことです。

1人のトップダウンではままならないことも、まとめ者が一定数いると円滑に進むことも多い。
とはいえ、リーダーを輩出するのは一朝一夕にはいきません。

リーダーを増やすために私が取り組んできたことについて。

ご紹介します。

リーダーはなるもの、ではなく、なってもらうもの

まず、結論から先にお伝えします。

それは「リーダーはなるものではなく、なってもらうもの」ということです。

リーダー候補者がなかなか居ない。手を挙げてくれる人が居ない。管理者としてはよくこうした悩みに直面します。
本人が「なる」というときを待っていても、いつまでもこの状況が続くばかり。管理者側から「なってもらう」ことをお膳立てするのが必要です。

では、どんなタイプがリーダーとしてお膳立てし得る人材なのか?
以下に挙げる3つの適性をもっていれば十分だと私は考えます。

ココがポイント

  1. 決して人のせいにしない責任感
  2. 誰からも信頼される誠実さ
  3. 日々の仕事をコツコツこなしていこうという懸命さ

リーダーと見込んだら、次におこなうべきこと

さて。そんな人材に巡り会ったら。

まずは率直に「リーダーを目指してね」と声掛けをします。しばしば「いやいや私なんてー」と謙遜される場合もありますが、そこは「会社としてあなたを信頼して任せたいと判断した」としっかり伝える。

よくあるケースが、その業務に特化した専門性が十分でないとき。そして周囲にそんな専門性を備えている人たちがいるとき。こんなときほど、本人が躊躇してしまう可能性があります。

でもね。必ずしも専門性が必要なのではなく、他人から"この人に付いていきたい"と思ってもらえる力が優先。
専門性のあるひとがリーダーになるべきだということは決して無いのです。

本人が気持ち固めたら、全力でサポートする

最初は戸惑っていたリーダー候補者さんも、そうして対話を重ねていくうちに、気持ち固めてくれるようになります。

「やっぱり私は無理です」と言われたときは諦めることで良いですが、「やってみます」と言ってもらったからには、全力でサポート。

責任感の強さ、誠実さ、懸命さから、とかく1人で抱えようとしてしまいがちなことも多い。
できる限りこまめに声掛けしたり、悩んでいそうなときは「こうするといいよ」とアドバイスしたり。ときには雑事を代わりに引き受けてみたり。

とにかく「リーダーの上司たる者」はサポートに徹して、決して自分がチームの表に出ていかないようにする。
メンバーの前では必ずリーダーを立てる。

そんな繰り返しです。

我がチームの新リーダーについて

このことをあらためて書いてみようと思ったのは、我がチームの新リーダーがまさにそんな最中で、日々成長しようとしてくれる姿を見ていることからです。

異業種から転職してきたのにあっと言う間に業務を覚えてくれて。そしていつも最後には自分が矢面に立って、時々頑固で(笑)

そんな彼の姿を見て「このひとには絶対にリーダーになってもらう」と決めました。

まだ始まったばかりなので、この先どう奏功していくかはわかりません。でも一つ言えることは、私は彼を信頼していて、この先もずっと任せていきたいと思っていること。

上手くいくかいかないかなんて、この際どうでもいいのです。

最後にひとこと

15年前の私がグループリーダーとして任命されたときのこと。

リーダーになりたい気持ちはふつふつと温めていたけれど、業務に関わる専門性には自信がなくって、先輩方を差し置いて自分がリーダーになるなんておこがましくって。

心が固まったのはボスの一言でした。
「ねーさんに任せた」

困ったときにはいつでもこのボスに「助けてくださーい」と図々しく迫って(笑)助けてもらって。そして今の私が在ります。

リーダーが増えないと悩んでいる管理職のあなたへ。こんな私の経験を参考にしてもらえたら幸いです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら