元部下さん同士の結婚式 「運命」について、あらためて教えてもらった

広告

「運命」って、なんだろう?
そうなることがあらかじめ約束されていた。偶然だと思ったことが、実は必然だった。

…色々解釈がありそうですが、元部下さん同士の結婚式に参列して、あらためて教えてもらいました。

今回は、そんなお話です。

新郎新婦からのメッセージに「運命」

披露宴会場に着席すると、それぞれのゲストに向けて、メッセージカードが添えられています。

新郎からのメッセージ「ねーさんには散々お世話になって、さらに、妻もお世話になるとは…。何か運命じみたものを感じました。こんなこと、なかなか無いですよね」

新婦からのメッセージ「共通の上司は、ねーさんだけです。とても嬉しいです」

そう。私はたまたま新郎の上司であった。そして、部署を異動したら今度は新婦が部下さんだった。

私の長い社会人人生でも、こんな偶然は初めてです。

新郎の言う通り、これって運命に違いない。そんな2人の門出に立ち会えることは、この上ない喜びでした。

会場の場所にも「運命」

一方、今回の会場は、たまたま息子の出身大学と真向かいに位置していました。

息子があっちこっち壁にぶつかりながら、8年間かけてようやく卒業することができた、お世話になったキャンパス。
彼が挫折の最中にいたとき、母の私は学内のチャペルにお参りに行ったものです。

「神様、どうぞ息子をお助けください」

その後、幸いにも人生をやり直すことのできた息子。今は社会人として張り切っています。

結婚式が終わって、ふとキャンパスを見やると。

神様にお礼をしていないことに気づきました。
今頃になってしまったけれど、あらためてチャペルに礼拝です。

この結婚式に出ていなかったら気づけなかった。これもまた「運命」なのだと思えました。

今日の一言

新郎新婦との運命。
結婚式会場となった場所と、息子の人生を支えてくれた場所との運命。

偶然ではなく、きっと必然。
気づかせてくれた元部下さんたちに、あらためて感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら