台風後の思いやり クライアントさんから教えてもらえることは多い【女性管理職の仕事日記2019.10.15】

広告

前週の週末は、大型の台風が日本列島を直撃しました。
被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

週明け初日。いまだ復旧していない鉄道や駅もありますが、我が勤務先社員は全員無事に出社してきました。

朝クライアントさんとやりとりをしていて、いの一番にかけてもらった言葉。その配慮にじーんと来る。

今回は、そんなお話です。

クライアントさんからのメール

クライアントさんから、持ち越しになっていた件の返事がきます。その用件の前に、まず書かれてあったこと。

「台風は大丈夫でしたか。業務は気にせず、生活環境の立て直しを最優先にしてくださいね」
なんという温かいお言葉なのでしょう。じーんと来ます。

そんなお声がけをしようとは、恥ずかしながら私は、気が付きもしませんでした。

幸いに、各メンバーとも被災なく過ごせている様子です。返信に書いたところ、再度返事をもらいます。

「それはよかった。安心しました。うちの社員もみんな席に座っているので、無事だったみたいです(笑)」
ユーモアも交えての優しさ。

朝からホッコリしました。

クライアントさんから教えてもらえることは多い

「お客様は神様です」というフレーズが遥か昔に流行りました。その是非については、さておき。
クライアントさんから、あらためて教えてもらえることは多い。

業務上の知識に関することはもちろんのこと、今回は"思いやりの心"

「仕事を出す側」とか「仕事を受ける側」とかいうことじゃなしに、お互いを敬い合うこと。

自然災害という誰もが不安と心配でたまらなかった、大きな事象のあとに。

ビジネスの話よりも前に、真っ先に思いやりを差し出せるクライアントさんに、あらためて感銘です。

今日の一言

台風一過後の出勤日。

こうしていつもどおり仕事ができているって、ありがたいなー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら