私の子育ては「つぎはぎだらけ」 でも、それしか出来なかったから、いいんです

広告

子育て。

それぞれの親に、それぞれのやり方があるんだと思う。
「こうしたら素晴らしいお子さんが育ちますよ」って、巷にそういう"教則"がイロイロあるのは知っています。

でもね。

子育てに「戦略」とかって、立てられないのよ。
親も自分の人生必死だし、子供も親の所有物じゃないし。

毎日、あるがままになすがままに向き合っていくのに、精一杯。

私の場合は。

仕事が大好きで、それが一番になっちゃってて、きっと息子には寂しい思いをさせたのだと思う。
それが原因だとは思わないけれど、我が息子、なんどもなんども壁にぶつかって挫折して。

親の私はその度にうろたえて、どうしていいか分からなくって、でも仕事にも行かなくっちゃならなくって。
今、振り返ろうとしても、どうやってそれを切り抜けたのか思い出せません。

何か起こる度にジタバタして事態を収めて。その繰り返し。かなり、イケテナイ。

つぎはぎだらけの子育てなんです。

でも、それしか出来なかったから。仕方ない。

一つ言えることがあるとしたら。

親だとか、妻だとか、娘だとか、関係なしに1人の人間としてドッシリ生きてきたということ。
そして息子は今、社会人として毎日を生きていて、健康である。

もう、それだけでいんじゃないかと。
親がどういう信念を持って子育てするか、じゃなくて、どういう信念を持って自分自身を生きるか。

子育てのやり方なんて、正解はないのです。
そして、親が正解だと思ったところで、子にとって同意ではないのです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら