THERMAL SPA S.WAVE(大磯プリンスホテル スパ) 大磯の海を眺めながらプールと温泉が日帰りで楽しめる

広告

神奈川県大磯町にある「大磯プリンスホテル

併設されている大規模ウオーターパークの「大磯ロングビーチ」が有名ですが、このプールは夏季の休日ともなると、大混雑。

一方、ホテル内にあるスパ&温泉施設「THERMAL SPA S.WAVE」は、日帰りでゆったりとプールと温泉が楽しめてオススメです。

さっそく紹介します。

THERMAL SPA S.WAVE 営業時間と利用料金

特に予約は必要ありません。受付時間内に現地に行って受付すればOK。
ちなみに、私は8月お盆の週の土曜日に訪れました。正午前後は暑すぎて敵わなかったので、15時頃にチェックイン。
全く混雑していませんでした。

また、料金は以下の通りですが「SEIBU PRINCE CLUB」に入会すれば、割引料金(大人4,500円→3,800円)が適用されます。

このサービスでは、クレジットカード機能無しでポイントが付くだけのものもあり、当日にフロントで申し込みしても、すぐに利用することが可能です。

参考ページはコチラ→SEIBU PRINCE CLUB| SEIBU PRINCE CLUBについて

所在地 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
大磯プリンスホテル内
営業時間 営業時間 6:00A.M. ~ 12:00MID
最終受付 宿泊者 : 11:30P.M. 日帰り利用者 : 5:00P.M.
施設 3階 温泉フロア
内風呂 / 露天風呂

4階 スパフロア
プール / ジェットバス / サウナ / フィンランドサウナ / 岩盤浴 / トリートメントルーム など

利用料金(日帰り利用の場合、宿泊利用の場合は別途) 一般
おとな ¥4,500 / 小学生 ¥2,000 / 未就学児 無料

SEIBU PRINCE CLUB会員
おとな ¥3,800 / 小学生 ¥1,500
トリートメント/¥2,000

電話番号 0463-61-1111 (代表)
注意事項 4F スパフロアは水着着用となります。※レンタル水着 (有料) の用意もあり。

バスタオル、フェイスタオル、各種アメニティ完備

ウェブページ THERMAL SPA S.WAVE

THERMAL SPA S.WAVE 施設内の様子

受付

スパ棟に入る。

エレベータで3階まで上がります。

エレベータ降りたところにチェックインカウンターがあり、料金を支払ったのちに、レンタル用のバスローブと手荷物入れのビニールバッグを受け取ります。

バスタオルとフェイスタオルは自分でピックアップする。

グッズの販売もしています。お土産に良さそう。

窓の外は大磯ロングビーチ。人がたくさん。

チェックインカウンターの脇には、休憩できるスペースもあります。

スパ内

更衣室に向かう通路は開放的で明るい。

3Fはスパ、4Fはプールなので、まずは水着に着替えてプールへ。

目の前は大磯の海。インフィニティプールからは絶景が望めます。

各種ドリンクも注文できます(有料)

ジェットバスも楽しめる。

温泉フロアは撮影ができませんが、壁にあるイラストが楽しい。

プールの後に、お風呂でくつろげるのは嬉しいもの。あちらこちらにリラクゼーションスペースもあります。

大磯プリンスホテル 行き方

車だと、いつも渋滞にハマるので、私は電車で行きます。

JR東海道線の大磯駅下車。

改札出て右方向に、専用シャトルバス乗り場があります。

料金と時刻表。※2019年8月現在

バスに揺られること10分ほど。(先に大磯ロングビーチに到着、その後、プリンスホテルエントランスが終点)

大磯プリンスホテル エントランスの様子

入って目の前が海。エントランスも明るく広々としています。

正面にバーカウンターがあり、つい、一杯飲みたくなっちゃう♪

庭からは、大磯ロングビーチと海が眺められます。

くつろげる椅子と、壁にかかっている涼しげなイラストはリゾートの雰囲気がたっぷり。

レストランもあって、海を眺めながら美味しい食事をいただくのも楽しそう。

だた、夏期営業期間:2019年7月6日(土)〜9月16日(月・祝)のディナーはブッフェのみ(大人1名税別5,900円)とのことにて、断念しました。

このお店だけでなく、館内各レストランともこの期間ディナーは、統一メニューのみとのことです。

今日の一言

都内から日帰りで行けるリゾート&リラクゼーション。

大磯プリンスホテルでは、喧騒から離れてゆったりと、その時を楽しめます。
宿泊プランもあり、詳しくはホテルのウェブページをご覧ください。

宿泊プラン一覧 | 大磯プリンスホテル

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら