コンフォートゾーン(快適領域)を出る 出たらまた次のコンフォートゾーンが現れるから、何歳になってもチャレンジし続ける

広告

「あなたにとって『コンフォートゾーンを出る』とは?」
私が参加している学びのコミュニティで、この課題について答える機会がありました。

コンフォートゾーン(快適領域)を出ることで、さらに自己成長に繋がる…と教えてもらって、色々なことにチャレンジをしてきた。

チャレンジしたら、また、あらたなゾーンが形成される。そうしたら、また新たなチャレンジをする。
今回の問いに答えるにあたり、さらに気づきがありました。

50年間の「コンフォートゾーン」

私にとって、長年のコンフォートゾーン。
それは、学校に行って卒業して、その後会社勤めをして、家事もして子育てもして。そんな「ルーチーンワーク」でした。

可もなく不可もなく淡々と過ぎてゆく毎日。これを50余年ずーっと続けてきた。

しかし、ある出来事に見舞われ一念発起。それらの「ルーチンワーク」に加えて、全くおこなったことがない分野にチャレンジすることとしました。

  • 自分ドメインのブログを立ち上げ情報発信する
  • 毎日記事を更新する
  • SNSでさらに発信する
  • 登壇でさらに発信する

会社勤めも、もちろん世の中の役には立っている。
でも、それ以外に「私」という個人で、何か人のお役に立つことができるのならば。

思い切って「インターネットの海」に自分を晒してしまおう。
最初は覚悟がいったけれど。小さなボートを大海に漕いでゆくかのごとく。

実際におこなってみたら、誰かが反応してくれる。誰かが見てくれる。
なんてありがたいことなのだろう。

するとこれが、私にとってのあらたな「コンフォートゾーン」になったのです。

「コンフォートゾーン」は、どんどん変化してゆく

チャレンジしてみたら。拙いながらもできるようになってきた。
繰り返していたら。少しずつ進化を実感できるようになった。

とても嬉しい。

そこに安住してもいいのだろうけれど。もうちょっと進化したいし成長したい。

50年来変化していなかった「コンフォートゾーン」
だのに、一旦ハミ出したら、そのハードルはどんどん上がっていっちゃう。

さらに、次のチャレンジが待っている。
わー、テンヤワンヤだなー。
わー、どうやって取り組もう。

でも、何歳になっても。どのステージになっても。
コンフォートゾーンから出て次のことを目指す。楽しみになってきました。

とはいえ、次の目標はどうしよう

自分ドメインのブログを毎日更新する。これはできるようになった。
大変だけれど、楽しい。

セミナーで登壇することもできた。
受講くださった方々からいただけるフィードバックが、とてもありがたい。

さて。

次の目標、次の脱コンフォートゾーンはどうしよう。
具体的に見出せず、ちょっと惑っています。

ひとつ言えること。
最初に決めたことは曲げない。ずっと続ける。

とにかく継続して。来たる「あらたな目標を決めるとき」に備えよう。
チャレンジし続けると、決めたから。

今日の一言

何かをやり遂げたと思ったら、また、次の何かが待ち構えている。

人生是修行。

それで、いいのだ。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら