今日のランチはガパオライス 簡単に作れます

広告

今日のランチ、ガパオライス

ランチにガパオライスを作りました。
友人から教えてもらったり、cookpadで見たりいろいろしながら、なんとなくワタシ流のレシピが出来上がりました。

材料は身近なものでOK

ワタシは鶏ももの挽肉で作りますが、豚ひき肉でももちろんアリ。
あとは玉ねぎ、パプリカ。調味料はごま油、粟國の塩、お醤油、お酢、豆板醤、オイスターソース、ニンニクスライス、バジル、コショウ。
ガパオライスの材料

調理も簡単

フライパンにごま油をひき、ニンニクと豆板醤を炒めます。
フライパンにニンニクと豆板醤をいためる

香りがたってきたら、挽肉と玉ねぎを加えます。
ガパオライス 挽肉と玉ねぎを炒める

肉にあらかた火がとおったら、パプリカを加えます。
ガパオライス パプリカを加える

別のフライパンで目玉焼きを作ります。半熟加減にするのがいいんですよねー。
ガパオライスに添える目玉焼き

味付けのポイントはバジル

味付けもとっても簡単。
まず、バジルを少し多めに加えます。バジルの葉のみじん切りが一番よいのですが、なかなか手元にないので、調味料で代用します。それでも、かなり香りが出ますよー。このバジルが、エスニックぽい味を出すポイント。
バジルの調味料

その後、粟國の塩少々、オイスターソースと豆板醤を小さじ一杯くらい、コショウ少々を加えます。

うちにはナンプラーがないため、お酢と甘口醤油で代用。コチラもまずは小さじ一杯くらいで様子をみます。
ナンプラーの代用、甘口醤油とお酢

それぞれの調味料を味加減によって、さらに加えたりして調整。
ワタシはお砂糖は使わないのですが、レシピにはお砂糖と書いてあるものもあります。
甘口醤油とオイスターソースでかなり甘みが出るので、うちはこれで十分。

完成

できましたーw
所要時間は20~30分くらいあれば大丈夫です。
目玉焼きと、いろどりに小ねぎのみじん切り(ピーマンやニラでもよいです。緑があると鮮やかになるのよねー)をトッピング。
今日のランチ、ガパオライス

いただきまーすw

今日の一言

簡単に作れるレシピをたくさんストックしておくと、cookingもはかどります。
ワタシのストックはまだまだ少ないのですが、これからも貯めていこーっと。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら