「100歳以上生きる」をあちこちに宣伝してみる 言って、思って、すると実現できそうです

広告

珍しく会社のお仲間と飲みに行きました。
ほぼ女子会のノリでしたが、お1人だけ男性のSさんがご一緒。
Sさんはもうすぐ65歳を迎えられます。

日本酒がお好きだそうで、グビグビ飲んでは次々と徳利が空いてゆく。
「そんな飲まなくっても‥‥いやいやなにしろもう、残り少ない人生なので」と、1人ボケツッコミ。

そこでワタシ。
「何言ってるんですかー。人生100年時代、あと35年もあるじゃないのー。」

するとSさん。
「あと35年‥‥そんなに生きられるのかなー。ところで、ねーさんはあと何年あるんですか?」

おいおい。返してる場合じゃなくて、とにかく生き急がなくっていいんだから。
「100歳以上生きる」って思っておけばよし。

その後、Sさんの人生展望が変わったか否かは定かではありませんが、相変わらずグビグビ飲んでおりました(笑)

ワタシの勤務先にはシニアの方々が結構多いのですが、意外と100年ライフを意識していらっしゃらないようだ。

会う人会う人に宣伝して回ってみよう。
念ずれば通ず。
言ってる自分もそうなれそうだものw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら