なんのために書くのか 文章って心の鏡みたいなもんだ

広告

ブログを書いているワタシ。
なんのために書いているのだろう。普段は”ヒタスラ書き書き猪突猛進”(笑)になっちゃったりするのだけど、時々自問自答してみる。

ブログを始めたきっかけは。

情報発信して世の中に貢献されている方がすばらしいと思ったから。
自分もそうなりたいと夢をもったから。

最初はまったくダメダメで”情けない”の連続。
いろんな方々のブログを読ませてもらったり、とにかく「更新更新」ってやってみたら、
読んでくださった方が「情報ありがとうございます」「さっそくやってみます」「購入しました」ってコメントをくださる。
ときには「目頭が熱くなりました」と共感をしてくださる。

なんて、ありがたいことなのだろう。ほんとうに嬉しい。心から感謝です。

しかし、人間ってのはおろかなもので、調子にのっちゃって
「こう書いたら喜ばれそうだ」
「こう書いたら受けそうだ」
などと欲の皮がつっぱっちゃう。そうすると、読者さんにすぐ伝わっちゃうんですよね。

あるとき、”皮算用”みたいな気持ちがあって文章を書いた。
状況をくわしく知らない夫にたまたま読んでもらったところ、
「なんだか意図が見え隠れするねぇ」との指摘。ドキッとした。

だってそのとおり。チョーよこしまに書いちゃったもの。

文章って、心の鏡みたいなもんだ

それからは。

自分がいいと思ったこと。それはなぜそう思ったのか。
自分が知りたいと思ったこと。なぜ知りたくなり、それを知ってどういう気持ちになったのか。
そういうふうに書いてゆこうと思った。

なんだけど、ときどき出ちゃうよ、皮算用お化け(笑)
それよりなにより全然イケてない文章もしょっちゅう。

でも、とにかく書く。自分のコトバで書く。

自分が考えたこと、感じたこと。ちっぽけなお役にしかならないけれど、
読んでくださった方の行動のきっかけになれたら、いいな。
背中にいる方のご参考になれれば、いいな。

もうすぐこのブログも一年。
なんのために書くのか。これからも折々自問自答してゆこう。

[メモ]
アイキャッチは、フォトグラファー・花村貴史さんの継続課金マガジン『空気感フォト』から使わせていただきました。このお写真を観ていたら、「文章は心の鏡」というフレーズが浮かんできたw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら