【モロゾフチョコレートレアチーズケーキ】実食レポート 金土日限定・地区限定で2021年2月7日まで販売

広告

こんにちは。チョコレートケーキに目が無い ねーさん(@nesan_blogger)です。

2021年1月8日から2月7日までの期間限定、関東・東北地区限定の「モロゾフチョコレートレアチーズケーキ」を食べてみたのでご紹介します。

さらに「金土日」の3日間のみの販売、と限定づくしです。

モロゾフチョコレートレアチーズケーキとは?

老舗洋菓子メーカーの「モロゾフ」ガラスのコップに入ったカスタードプリンや、チーズケーキなどで有名。全国各地にお店があります。

今回ご紹介する「モロゾフチョコレートレアチーズケーキ」は2021年1月8日から2月7日までの期間限定で「チョコレートスイーツフェア」という企画の商品。販売店舗も東北・関東地区限定で、私は東京都内のデパ地下で購入しました。

ケースの中に整然と並んでいる様子。スイーツ魂をそそられます。

さらに「金土日」の3日間のみの販売。お店の方に聞いたところ、日曜日は売り切れてしまうことも多いとのこと。

なお「チョコレートスイーツフェア」は他に「チョコレートチーズケーキ」「チョコレートリッチプリン」の2品があって、こちらは各曜日・全国各店舗で購入可能です。

モロゾフチョコレートレアチーズケーキ 実食

このケーキは、クリームチーズとマスカルポーネチーズの2種類を使用したレアチーズに、ベルギー産のチョコレートを加えた、リッチな作り。

食べやすい大きさに切ってさっそくいただきます。チーズの味はあまり主張が強くなくまろやかな味わい。

フワッとしていて美味しい。5切れくらいはあっという間に食べてしまいます。甘さ控えめなので、お菓子としてだけでなく、ワインのお供にも合います。

両端と底がチョコレート味のスポンジ、中はチョコレートでコーティングされたレアチーズ。

コンパクトな大きさが持ち歩くのにも嬉しい。

要冷蔵、賞味期限は購入当日のみでした。

モロゾフチョコレートレアチーズケーキ 価格と購入方法

価格は864円(税込)、購入方法は東北・関東地区のモロゾフ売場にて。

展開期間は2021年1月8日(金)~2021年2月7日(日)の金・土・日曜日
数量限定のため、なくなり次第終了。店舗により取り扱いがない場合もあります。

東北:青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東:東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県
※2021年1月現在

最後にひとこと

「モロゾフチョコレートレアチーズケーキ」バレンタインデーより早めに期間終了とはなってしまいますが、ちょっと早めのバレンタインプレゼントとしても良さそう。

ちなみに、モロゾフの活動と日本でのバレンタインデーの広まりの歴史には、深い関係があるとのこと。

1932年、モロゾフは日本で初めて〝バレンタインデーにチョコレートを贈る〟というスタイルを紹介。「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が、この素晴らしい贈りもの文化を日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。
ー モロゾフ Webページより引用

よろしければぜひお試しください。

手軽に配れるものとしては「りんごのチョコレート」もオススメです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら