世の中が大変なときだけれど 2020年の夏を楽しもう ありがとう7月、ようこそ8月

広告

2020年の7月も早終わろうとしています。

この年は、新型肺炎COVID-19の流行で世の中全体が困難の連続。加えて私が住んでいる関東地方も7月末時点で梅雨明けをしておらず、曇天の毎日。

何事も、例年とは異なる事態に陥ってしまっているようです。

それでも。

時は粛々と過ぎていく。辛いことが多いかもしれないけれど夏を楽しもう。そんなことを書きます。

みんな、お疲れさま

COVID-19の流行が取り沙汰され始めたのが、2020年2〜3月くらい。

例年ですと春から夏にかけてはウキウキワクワクなイベントが多い時季。花見だったり、卒業式やら入学式やら、ゴールデンウイークのバカンス、花火大会…etc.

しかし、残念ながらそれらのイベントのほぼすべてが見送り。

仕方がないとはいえ、私も含め人々は懸命に堪えている。この後も夏休みのバカンスやら、場合によっては秋祭りやらクリスマスに至るまで、同じ状況かもしれません。

毎日を無事に過ごしていくだけで精一杯。

全世界のみんな、お疲れさまです。

ありがとう7月、ようこそ8月

気づくともう、7月の終わりと8月の始まりを迎えようとしている。

あっという間に過ぎ去ってしまう日々、耐えるばかりの日々、そんなふうに捉えてしまったら尚更辛くなるから。

考え方を変えよう。
過ぎゆく月に感謝して、迎えゆく月を楽しんで。

自分に気合いをいれるためにも(笑)思考を切り替えます。7月31日の朝ツイートはそんな思いを込めました。

世の中が大変な時だけれど、2020年の夏を楽しもう

この夏はどこか旅に出ることも叶わないのかもしれない。叶ったとしてもなんだか遠慮がちに過ごすことになってしまいそうだ。

でもね。

本当はこうしたかったのに…とか思ってしまったところで、できないものは仕方ない。

でき得ることを精一杯、楽しめばいいんです。
2020年の夏は二度とこないのだから。

連日報道される、新型肺炎感染者数の増大やら、店舗営業時間の短縮やら、企業の淘汰やら…
辛いことも続くけれど。

とにかく一人一人が夏の思い出を今年も紡いでいけることを、願ってやみません。

どうぞ素敵な8月をお過ごしください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら