洋服ダンスの衣替えをやっとしました 冬の始まりなのですよね

広告

今年もダウンコートを出しました。

「衣替え」というと、所謂、制服の「夏服」「冬服」の切り替え時のイメージがあります。夏服は6月から。冬服は10月から。となっていますが、制服以外ですと、とくに昨今は、夏服・冬服という境目がさほどキッパリ別れてない傾向にあるように思います。
スーツも「3シーズン対応」と説明されていたりします。

がしかし、さすがにコートが必要になってくると、半袖Tシャツや薄手のカットソーばかりの我が洋服ダンスも「衣替え」の時期。

今年は寒いのか暑いのかよくわからない気候が続いたり、雨天ばかりだったこともあり、やる気が起きなかったのと、ワタシは”夏大好き派”なので、せめてもの、冬到来に抵抗すべく(笑)その時期をいつも引っ張るのですが、とうとう必要に差し迫られ…昨日、衣替えをしました。

洋服ダンスの中身を衣装ケースの中身と交換

とはいっても、大した作業ではなく、押し入れにしまってある衣装ケースの中身と、洋服ダンスの中身を交換する程度‥なのですが(笑)

我が家の押し入れの衣装ケース

この衣装ケースも、結婚当初から使っていますので、もう、30年選手。
ワタシとともに、LIFE SHITを目指しちゅう(笑)

クローゼットの中身は、別の部屋にある、”active用クローゼット”の服たちと交換します。
衣替えの際の、使わないほうの洋服たちをしまうクローゼット

不要な服が出てきます

衣替えの度に「一年間、まったく着なかった服」は処分するようにしています。
老朽化したり、ちょっと似合わなくなってしまったり…と、理由はそれぞれですが、それまでお世話になったことに感謝しつつ、お別れをします。

ワタシが住んでいるマンションには不要服を収集してくれるBoxがあるので、いつもそちらに入れさせていただきます。
詳しくは把握できていないのですが、リサイクルなどに活用されているようです。
今年の衣替えで不要になった服

冬服はダークな色合いが多い

交換後の洋服ダンス。やはり、色合いの濃い物が多いです。
こんなことも、冬の訪れを感じるひとつでもあります。
冬服の洋服ダンス

今日の一言

気付いたら、もう11月。一年の流れとは本当に早いものです。

光陰矢の如し

次に衣替えするのはきっと来年の5月頃。そのときも、楽しい毎日を送っていられるようにしたいな。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら