金沢一泊二日旅行 快適すぎる北陸新幹線と近江町市場でランチ 編

広告

金沢在住の友人がいます。なかなか機会がありませんでしたが、金沢にもぜひ、遊びに行きたいと思っていました。

ちょうど、別のお仲間と共にご一緒することができて、2018年12月に一泊二日で訪れることに。

まずは「北陸新幹線と近江町市場でランチ」をご紹介します。

快適すぎる!北陸新幹線「かがやき」

ワタシが以前金沢へ旅をしたのは、5年ほど前。
当時はまだ、北陸新幹線が金沢まで開業しておらず。

東京から行くには、越後湯沢から特急列車または、飛行機利用のいずれか。
双方とも半日またはそれ以上の時間がかかったと、記憶しています。

その後、新幹線が2015年に金沢まで開業
今回初めて乗ってみた感想。

とにかく快適すぎる!

ワタシが乗車した「かがやき」
東京発車後は上野・大宮・長野・富山の四駅しか止まらず。
2時間30分ほどであっと言う間に金沢に到着。

一杯飲んで(笑)ブログを書いている間に‥それこそあっと言う間でした。

便利になったもんだなー。

「かがやき」は一日10往復 ※2018年12月現在
最終の東京行きが、金沢発21時(東京着23時32分)と、1日中めいっばい時間を使えるのも嬉しいです。

金沢駅

到着した金沢駅。駅前のオブジェが素晴らしい。

アメリカの旅行雑誌「トラベル&レジャー」のWeb版にて"世界で最も美しい駅14選"6位に。日本の駅としては唯一選出されたそうです。

赤い門は「鼓門(つづみもん)」伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージしているとのこと。

ガラスとアルミ合金からなる巨大な天井のドームは「もてなしドーム」

駅前広場では、加賀友禅をイメージしたような広告板がお迎えしてくれます。

気温はやはり低め。

1年の3分の2あまりが雨天だといわれる金沢。午前中は雨混じりでしたが、その後は晴れてきて気温も上がりました。

近江町市場でランチ

美味しい金沢のお食事をいただくのも、旅の大きな醍醐味♪

到着したのが11時頃だったので、まずはランチをいただきます。
友人に案内してもらい"金沢の台所"といわれる、近江町市場の「市の蔵」さんへ。

「大漁海鮮丼」をいただきました。悶絶ーー!税込みで2,500円です。

他にも、海の幸豊富なメニューがたくさん。
市場の入口近くにあって、場所も分かり易いです。

関連ランキング:居酒屋 | 北鉄金沢駅金沢駅

近江町市場を散策

お腹が膨れたあとは、市場を散策。
メディアなどでよく見かける、活気あるお店の数々が広がっています。

やっぱ、カニだね!

地物のお野菜。紫のカリフラワーが珍しい。

どれもこれも買って帰りたくなっちゃう。

今日の一言

新幹線から始まり、海の幸ランチと近江町市場散策。

この後は主計町で芸妓さん遊び体験&ひがし茶屋町でスウィーツ堪能。

次記事へと続く。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら