小林一行さん(メンタルダイエットコーチ)の本を読んで実践したら、健康診断数値が劇的に改善した

「ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法」小林一行著

昨日は健康診断に行ってきました。定期的な身体の点検&メンテナンスというのはほんとうに大切なものですが、昨年までは、寄る年波のせいか(苦笑)アチコチの数値にほころびや指摘が…。そんな時に出会った、小林一行さんの著書『ビールを飲んでも飲んでも腹が凹む法』で教えていただいたことをやってみたら、本に書かれてあるとおり、”健診数値が超改善”したのです!

いつもお世話になっている東京ミッドタウンクリニック

健診で利用しているのが、ワタシにはちょいと分不相応?な高級感タップリのミッドタウンクリニック。会社の提携健診施設のなかで自宅から一番近いため(とはいっても、電車で30分強ですが)普段ではきっと行けそうにもないところにお世話になれているのです。それまではアチコチの施設をハシゴしてましたが、数年前からはずっとこの施設と決めています。やはり、同じところを利用してデータが蓄積されているのが重要です。

東京ミッドタウンクリニック健診センターのエントランス

スタッフのみなさんがテキパキとされていて、いつもとても快適です。個人情報保護の点から、受診者さんは名前でなく番号で呼ばれます。今日のワタシは8番さん~ w/健診着

今年の健康診断の私の番号

本日のメニュー

おかげさまで長年生きておりますため(笑)ワタシは「半日人間ドッグ」コース。一般的な身体測定、胸部レントゲン、視力・聴力、心電図、婦人科…などに加えて、血液検査の項目は増えるわ、緑内障(眼圧)検査はあるわ、内臓エコーはあるわ…とテンコモリ。まあ、アチコチ調べてもらうのはありがたいことです。ちなみに、胃のレントゲンは以前にバリウムでトラブったことがあり、また、折々胃の調子を崩すことがあるため、医師から「それなら最初っから胃カメラにしましょ♪♪」と薦められ、こちらは予約の都合で後日の予定です。胃カメラはかなり辛いものですが、昨年から鎮静剤使用を選択し、”寝てる間に終わった!”という目からウロコ体験をしまして(笑)今回も鎮静剤使用にしました。

そして、結果速報は

一行さんのご教授のおかげもあってか、腹囲や体重の減少という見える点の改善はもちろんのこと、血液検査の速報値から医師が予測してくれた話によると、すべて、オールA!昨年まではアチコチにBとか、ひどいのになると、C12(日常生活に注意を要し、一年後に再受診)みたいなのがあったのですが、なんとありがたいことでしょう。

小林一行さんに教えていただいたこと

難しいメソッドや苦難が伴うものは一切ありません。簡単にお伝えしますと、シンプルにお食事の順番やメニューに工夫をするだけで、毎日お酒を楽しみながらも改善が図れる、ということなのです。昨年の11月に一行さんのご講演をお聴きし、その場で本書を即買い。翌日から早速実践して、約10か月。ワタシにとっては宝物の一冊です。

小林一行さんのホームページ

小林一行さんのブログ

YouTube「一行チャンネル」、メルマガも気付きが満載です。

気付き

一行さんが、もっとも大切だとおっしゃっているのが、「楽しく無理せずダイエットを続けられること」。この点が本当に響きました。ワタシにとっては、一行さんのメソッドがベストでしたが、ひとつに絞らなくても、自分に合った方法を進めればよいと思います。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆100年ライフサポーター/ブロガー/いろいろ学び人☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら