『ローズホテル横浜』 重慶飯店の美味しい料理も堪能できる、中華街のランドマーク

広告

横浜の「元町・中華街」駅からすぐのところにある『ローズホテル横浜』
個性的な外観がひときわ目を引きます。

前身は『ホリディイン・横浜』その後、2003年にオリジナルブランドとして現在の名称となったとのこと。

ローズホテル横浜』の歴史は、1959年、1軒の中華レストランからはじまりました。
(中略)
前身となる「ホテル ホリデイ・イン横浜」が誕生したのは1981年。「観光の時代がくる」と考えた重慶飯店の創業者による大事業でした。
ーローズホテル横浜 ウェブページより引用

中華街東門入ったところすぐにあり、ホテル発祥のルーツとなった老舗中華料理店「重慶飯店」でのお食事や、周辺観光の拠点として楽しむことができる。

さっそくご紹介します。

「ローズホテル横浜」外観・内装

バルコニー部分がゆるやかにカーブしていて、一見不思議な外観。オリエンタル調の雰囲気は「中華街」にぴったりだと感じます。

エントランスでは「獅子」がお出迎えしてくれます

内装は中国風のインテリアが随所に見受けられる

エレベータの壁もチャイナテイスト

「重慶飯店」新館

老舗の四川料理店である「重慶飯店
本館も中華街にありますが、ローズホテル内の店舗は新館。1F入ったところすぐにあり、開放的な雰囲気が嬉しい。

ちょうど"麻婆豆腐フェア"をやっていたので、何種類かの食べ比べを楽しみました

土台は茶碗蒸しのような感じ。上に乗っている水餃子の中身が麻婆豆腐

コチラは、麻婆豆腐を薄い皮で包む食べ方

トマトが入っていてやさしい辛さ

「白い麻婆豆腐」一見マイルド系のような雰囲気ですが、なかなか辛いw

山椒が効いてパンチのある辛さ。パクチーがトッピングされているのも嬉しい

おつまみでチャーシューも追加。バリッと焼きあがった外皮とチャーシューの柔らかさが絶妙にマッチ

その他にも、炒飯や麺類・ワインや紹興酒など、たらふく食べて飲んで、友人数人とシェアしたので1人9,000円ほど。
どれも本格四川料理の味わい。美味しくいただきました。

エレベータホール近くには売店もあり、重慶飯店の味を家庭で楽しめるレトルトパックや、月餅などの焼き菓子も購入できます。

横浜中華街にある重慶飯店新館レストラン1F | 重慶飯店

「ローズホテル横浜」行き方

一番近いのが、みなとみらい線の「元町・中華街」駅です。

改札を出て2番出口に向かいます。この通路が結構長い。2〜3分歩く感じ

左手に「2出口」の看板が見えたら階段を上がる。「ローズホテル横浜」の表示もあります

階段を上がり外に出ると「SEGA」の看板が見える。その道を真っ直ぐ進む

左手に「中華街東門」が見えてくるので、門の中に入る

「サンマルクカフェ」の角を曲がってすぐの右手に、ローズホテル横浜の白い建物が見えます。2番出口を上がってから徒歩2分くらいです

周辺観光

中華街の中に位置しているので、中華街散策はもちろんのこと、山下公園、大桟橋、横浜スタジアムなどの観光スポットもすべて徒歩圏内。

宿泊される場合は、1人一泊10,000円前後〜、夏季限定の「屋上プール無料利用可」などのプランもあります。
宿泊プラン – ローズホテル横浜 – オンライン予約

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら