お手伝いできることがありますか? 扉を叩いてくれた、読者さんへ

広告

なにかを発信していると。

どなたかが、扉を叩いてくれることがある。

コン、コン、コン

すると私。

ご用ですか?と訊ねてみる。
日本語だとこうなるのだけれど、英語だと。

May I help you ?
「お手伝いできることがありますか?」

叩いてくれた方は、なにかを伝えようとしてくれているのだろう。
でも、ごめんなさい。ちょっと意味がわからなくて。

しかし。

それがたとえ批判であっても、もしくは、賞賛であっても。

その方の、なにかのお手伝いができるチャンスなのかもしれない。

コン、コン、コン

その音を聴いたならば。

「お手伝いできることがありますか?」

そんなふうに、ブログを書いていけたら、いいな。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら