発信したものは、ときには違うものにかたちを変えて誰かに届く

広告

ブログを毎日書いています。
ちょっとした日々の出来事や、見たこと聴いたこと。
仕事や子育てや趣味や学びや、自分の生き方にまつわること。
‥etc.

しょーもないようなことでも、くだらないようなことでも、ときには「ちょっといいこと」でも(笑)
とにかく書く。ネタが尽きそうになっても、しぼり出して書く。

「こんなことを書いても、いいのかなー」
そう思うことも、もちろんあります。

でも、ひとたび、自分の身体から離れて「発信されたもの」というのは、自分が思っているようなかたちではなくとも、時には違うものにかたちを変えたりして、誰かに届くのです。

「しょーもないようなこと」が「おもしろいこと」に受け取ってもらえたり、逆に「おもしろい(と、自分が思っていること)」が「ふーん」と、スルーになっちゃったり。

人って、ひとりひとり違うのだから。自分でその内容を評価しなくても、よし。

自分のネタを「肴」にして、誰か1人にでも楽しんでもらえたら、嬉しい。
1人が2人になり、2人が10人になったら、なおさら嬉しい。
10人が100人になったら、めちゃくちゃ嬉しい。

書いてゆくうちに、そんなことに気づくようになりました。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら