秋の風物詩_キンモクセイの香り 猛暑日だと薄れてしまい残念です 

この季節、キンモクセイの香りを楽しみに、近くにある木を観に行きます。
ちょうど1年前も記事にしていました。

ところが。

本日、2018年10月8日は台風一過の影響か、真夏のような陽気。

16時になっても、まだ31℃もあります。

すると、キンモクセイの香りが漂ってこないのです。
近くに寄って鼻をクンクンしてみても、ほーんのかすかに匂ってくるだけ。オレンジの色も心なしか薄らいでいるように。

今頃、10月初旬は普通だと、木の間近でなくとも、街中にそこはかとなくこの香りが漂っているのに、不思議だわー。

空も心なしか夏の名残りが見えるよう。

自然とは、面白いものです。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら