寒川神社”相模國一之宮”にお参りしてきました。

寒川神社の参道入口

夏休みですっかりくつろがせていただいている、ねーさん(ikumi3)です。こういうゆったりできるときには、日頃なかなかできないことをしたい~wと思い、本日は寒川神社に参拝してきました。

何もないときにこそ、神社に行く

これは、神社開運協会代表であられる白鳥詩子さん共著の新刊、『お金と幸運がどんどん舞い込む!神様に願いを叶えてもらう方法』のなかで詩子さんが書かれていたメッセージでした。

今から半年くらいまえの2016年12月に、詩子さんの処女作、『神社で引き寄せ開運☆神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』に出会い、神社が大好きになり、時間ができればアチコチの神社に伺わせていただくようになりました。さらに、詩子さんの神社ツアーでもとってもたくさんの気付きをいただき、私にとって白鳥詩子さんは、”神社学のお師匠さん”。とっても感謝しています。

寒川神社と私

その詩子さんの写真パネル展で拝見した寒川神社。その途端、雷に打たれたようにあることが鮮明に蘇ってきました。

それは、寒川神社との思い出。こちらは私にとっては”崇敬神社”とはなります。

「特別な三つの神社とは」
①氏神神社:先祖代々にわたり守護してくださっている。
②産土神社:生まれてから7歳までメインで過ごした土地の神社。生涯を通して守護神になってくださる。
③土地神神社:現在住む土地を守ってくださっている。

こうした地縁や血縁的な関係以外で、お参りしたいと崇敬される神社を崇敬神社という。

白鳥詩子著『神社で引き寄せ開運☆神さまに愛されるお参り&ご利益ブック』、共著『お金と幸運がどんどん舞い込む!神様に願いを叶えてもらう方法』より

 

神奈川県相模原市で生まれ育った私ですが、幼少の頃より両親に連れられてよく行ったのが寒川神社。私の七五三でもお参りさせていただき、実家の自家用車もお祓いいただき、そして、息子が誕生したときのお宮参りにも両親とともにお参りさせていただいた、とてもご縁の深い神社なのだということをあらためて思い出したのです。

”相模國一之宮”である、寒川神社。その所在地は神奈川県厚木市にほど近い高座郡寒川町ですが、わが相模原市も相模國の一画なのだと勝手にお慕いしていました。

詩子さんのパネル展を拝見した後すぐに参拝させていただきました。詩子さんのご著書にあるとおりにおみくじを引いてみると…そのおみくじには私の知りたいと思っていたことがすべて書かれてあり、涙が止まりませんでした。

その後ほどなくして、おみくじに書かれてあったことの一つが本当に叶ったのです。夫も「神さまって本当に居るんだねぇ」と感激。ありがたいご神徳をいただきました。

本日の寒川神社

それから一度、お礼参りには伺ったのですが、詩子さんの近著を拝見して本日あらためてお参りをしてきました。

石造りの鳥居。いつも静かにお迎えくださいます。
寒川神社の鳥居

明日が終戦記念日で”相模薪能”のご祭典があるため、本殿前は特設ステージ設置で職人さんたちがお忙しそうにしていました。

寒川神社の正門寒川神社の終戦記念日前日の特設ステージ設置中

年始に引かせていただいたおみくじがあまりにも素晴らしく、その後おみくじを引くのをためらっていましたが、”夏期限定”の鯉みくじがあると知り、楽しみながら釣り竿をお借りして引いてみました。

寒川神社、夏期限定の鯉みくじの”池”

夫が「恋みくじじゃないのかい?」と訝るもんですから、巫女さんに、「すいません、恋ですか?」と聞いてしまいました(笑)
すると、巫女さん満面の笑みで「いいえ、ちがいますよ。鯉です。運勢全般ですよ。」とお答えくださいました。

で、つり上げた鯉さんのお腹におみくじが入っており、その内容は…年始の際にさらに続き。とても思慮深いご示唆がありました。

鯉さんはストラップにも使えるのです☆
私が引いた鯉みくじ

 

ご朱印もいただきました。下に描かれている植物は「ハマゴウ」といって、毎年7月海の日の神典「浜降祭」に寒川大明神の御座として伝承されているご神縁の深い植物だそうです。
寒川神社の御朱印

 

参拝後にいただいた磯部だんごもとても美味しかった~❤
寒川神社の磯部団子

今日も寒川神社さま、お世話になりました。

気付き

八百万の神さま。古事記から二千年近く伝承されている日本の文化。とてもありがたいです!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら