ゆで野菜、それでもいいのかな

広告

お正月に煮しめを作ろうと思って買ってみた、ゆで里芋。

里芋そのものから調理するのが少々億劫になり…ついつい安易な方向に進んじゃってます(;^_^A

結局、煮しめは作らずじまい。今日の夕食支度にハテサテと思っていたところ、冷蔵庫にいた”この方”に登場いただくと相成りました。

ゆで野菜にも”コンセプト”があるもんだ

パッケージの裏面をよく見ると、こんなことが書かれています。

なんだなんだ!まるで、パワポのプレゼンみたいじゃないの。
なんかの”ロジックツリー?”みたいじゃないの(驚)。

確かに。

書いてある図式やサマリーは頷くことばかり。それよりなにより、イチゆで野菜のパッケージに、ここまで書いてあることに感銘。

今日の一言

ちょとした食材商品にも、いろいろな工夫のインフォメーションがあり、オモシロイものです。

とりあえず作ってみた、「豚肉と里芋の炒め煮」。アイキャッチにしてみました。

お味は、まあ、いい感じでしたーw

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら