寒川神社(神奈川県高座郡)に新年のお参り 今年もありがとうございます

広告

ワタシの崇敬神社である寒川神社。
神奈川県相模原市出身であるワタシにとって「相模國一之宮」。
”心の故郷”とさせていただいております。


今年は松の内に新年のお参りができました。

夕暮れの境内

神社近くの大渋滞にハマり、到着が夕方近くになっちゃいましたが、逆光を浴びての参道に心惹かれました。

ご神門がお正月仕様です。夕暮れ近くになるとライトアップ。

本殿も夕暮れに染まりつつ。

お札、お守り、おみくじ

参拝後は、旧年の神札・お守りは古札納め処にお送りをし、新たに本年のものをいただきました。

昨年に引き続き思いを込めておみくじを引きます。
ワタシは大吉、夫は中吉。
おみくじに書かれてあることは本当にありがたいことの数々。

ご神木には結ばずに持って帰ってきて、一年間、大切に拝見させていただくことにしています。本日は昨年のおみくじを結ばせてもらいました。

神砂(浄め土)、干支の飾りもの

やはり、白鳥詩子さんの書で教えていただいた、「神砂」をあらたにお分けいただこうと思っていましたが、残念ながら1、2月は浄め土をいただける「神嶽山神苑」がクローズされていると宮司さんに教えてもらい、3月以降にあらためて伺いたいと思います。

駐車場近くにある「参集殿」にはお土産ものがたくさんあって、本年の干支である戌年のマスコットがとてもかわいかったので買って帰りました。
アイキャッチ画像はそのワンちゃんですw

今日の一言

昨年、おみくじで教えていただいたことにたくさんのご神徳をいただき、本年もお参りができた。

寒川神社さん、いつもありがとうございます。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら