東京ミッドタウン(東京都港区) 再開発で受け継がれてゆく土地 歴史はいろいろあるもんだ

東京ミッドタウン。

防衛庁本庁の跡地再開発事業として2007年3月に開業された複合施設です。

今年は10周年。もうそんなに経つんですね。

開業当初からよく通っていた、ライブレストラン「ビルボードライブ東京」は、音楽好きのワタシにとって、ホントに嬉しい空間。
よろしければコチラの記事もどうぞ。

毎年お世話になっている健康診断施設やクライアントさんのオフィスもコチラのビルにあり、訪れる機会がよくあります。

この場所の歴史

遡ること1600年代~。ソモソモは「毛利家」のお屋敷があったところ。その後さまざまな経緯にて、防衛庁本庁が所在する地となった。

当地は、1641年から1871年まで萩藩毛利家屋敷として使用された。明治時代に入ると1873年より陸軍の駐屯地となり、大日本帝国陸軍の歩兵第一および第三連隊が使用した。終戦後の1946年よりアメリカ合衆国に接収され、米軍将校の宿舎として使用された。サンフランシスコ講和条約発効後の1960年に日本に返還され、1962年より陸上自衛隊の檜町駐屯地となるとともに、防衛庁の本庁舎も設置された。-Wikipediaより

時を経て1988年に、各省庁の移転計画が決定され、本地も再開発をされるに至ったようです。

いわゆる、”都心のオシャレな場所”にも、歴史に裏打ちされた由来があるものなのですね。あらためて敬服です。

東京ミッドタウン

本日もクライアントさん訪問で伺う機会がありました。
あちらこちら、すっかりクリスマスの飾りつけ。吹き抜けになっている空間が多く、とても開放的でゆったりしています。アイキャッチ画像はそんな空間を撮ってみました。

ショッピングモールやレストラン、サントリー美術館、医療機関、公園…多様な設備が満載です。

訪れるたびにいっつもワクワクしちゃう♪

お庭では、MOËT CHRISTMAS MARCHÉ 2017 イベントブースも出ていました。

仕事中じゃなければ、是非MOËTを飲みたかったー(笑)

いつも立ち寄る、スペイン料理のレストラン

ビルボードライブ東京に上がるエレベーター乗り場のすぐ奥にある、スペイン料理のレストラン、「ボデガ サンタ リタ

パエリアが好きで、ミッドタウンに来るたびにいつも行ってます。

パンフレットによると、スペイン料理の名店「バル レストランテ ミヤカワ」の”新業態”だそうです。

本日もランチをいただきました。パエリアとタパスまたはスープのセレクト。

タパスをいただきつつ、パエリアが炊き上がるのを待ちます。

お米の固さ(わずかに芯が残る感じ)といい、タップリのシーフードといい、サフランで艶出しされた色合いといい、まさに、絶品ですw

クリスマスのイルミネーションが煌びやかに灯るお庭が見渡せる窓側席。昼間はとても静かです。

今日の一言

再開発で、素晴らしい複合施設に生まれ替わったビル。
でも、その地の歴史は何百年も前から始まっている。

なんだかとっても、ビルに惹かれるワタシ。
その土台となる土地も、”LIFE SHIFTの先輩”なんですよねw
だからかなー(笑)

東京ミッドタウン」東京都港区赤坂9-7-1
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」8番出口直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分

東京都港区赤坂9-7-1

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら