ともすると、”他人軸”になりがちなんだけど、”自分軸”でいいのかな

自分軸

数日前に、学生時代の友人から「集合ーーっ!」との連絡が来。
もう、30年来の付き合いなので大切な友人であるのだけれど、実はちょっと腰がひけちゃっています。

みんなそれぞれに仕事をして頑張っている素晴らしい友なのですが、おばちゃんどおしなせいか(笑)、話題の中心は自分たちの家族のこと。もう、何時間でもおしゃべりが続くのです。

「うちの娘は◯Xでねー。」
「うちの息子は△◇でねー。」

学生時代には、人生のことや将来のことや、熱く語っていた仲間なのですが、やっぱり寄る年波って感じなのかなー。

家族の話はいいのだけれど

それぞれ家族がいて、近況をシェアして、っていうのはイイコトなんだと思うのですが、ワタシは今あまり家族の話をしたくないのです。

適当に交わそうとしても、そこはおばちゃんパワー?根掘り葉掘りのインタビュー。挙句に「そういうのっておかしいよね」「ありえないよね」とかコメントされちゃって、なんとも遣る瀬無い。

友達なのに、会うのが億劫になってきちゃいます。

他人軸と自分軸

そんなとき、師匠のメルマガで、「他人の価値観を気にせず、自分の価値観でよし。」とうメッセージを見て、ハッと気づきました。

ワタシは友達に、イイヒトだと思われたい。ワタシの家族はいいね!と思われたい。…そんなことにとらわれていたのではないかと。

他人からみたら、ヘンな家族かもしれないけど。
それっておかしいよね。ありえないよね。って思う点もあるかもしれないけど。

ワタシはワタシ。家族は家族。
なんでもええやん。

こういうことって、とかく、自分の両親からも言われたりします。
「〇Xさんのお孫さんは△◇に就職して立派なもんだ」

うちの子、確かに就職してませんけど、

彼は彼の人生。
なんでもええやん。

結局は自分が「それでいいんじゃね?」と思えばよし。
他人軸じゃなくって自分軸。

そう考えたら、友達のおばちゃんパワー(笑)も気にせず会えるように思えてきました。

かくいうワタシも、おばちゃん。ま、それぞれにオリジナルなおばちゃんでいいのかな。

今日の一言

もんもんしてたところで、ありがたい師匠の金言。
なんだか元気が湧いてきましたw

「自分軸だー!」と思わず、ベランダにあった物干竿を握りしめてみたワタシです(笑)

 

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら