我が家のfavoriteウイスキー JACK DANIEL’S ”デカボトル”のコスパがありがたい

JACK DANIEL!'S のデカボトルと通常ボトル

ウイスキー大好きなワタシ。週末ともなると、夫と”家飲み”が我が家の年中行事w
バーボンの芳醇な味が特に好きです。

お気に入りは”JACK DANIEL’S”

ワタシが社会人にナリタテの頃の数十年前は、高級ウイスキーってな感じで、上司のゴチで行くようなときにしか飲めませんでしたが、昨今はスーパーで安く買うことができ、ありがたい!

近所のスーパーでたいがい、4,000円強で売っている、1,750㎖のデカボトル。通常のボトルが700㎖ですので、2.5倍入っています。めっちゃコスパ強w

今日も買ってきました。

そもそも、バーボンって?

バーボンウイスキーとは、アメリカ・ケンタッキー州を中心に生産されている、「アメリカン・ウイスキー」の一種。

1789年(合衆国発足の年)、エライジャ・クレイグ牧師によって作られ始めたのが最初といわれている。
バーボンという名前はフランスの「ブルボン朝」に由来する。アメリカ独立戦争の際にアメリカ側に味方したことに感謝し、後に合衆国大統領となるトーマス・ジェファーソンがケンタッキー州の郡のひとつを「バーボン郡」と名づけた。それが同地方で生産されるウイスキーの名前となり、定着したものである。しかし後にバーボン・ウィスキーとコーン・ウィスキーとはその原料と製法によって再定義がなされ、別物を指すようにアメリカ合衆国の法律で規定されるに至った。
したがってかつてバーボン・ウィスキーというのは、地理的な呼称、つまりケンタッキー州で生産されたコーン・ウィスキーのことを指す呼称であった

なるほど。フランスの”ブルボン朝”に由来するのですね。

主原料は51%以上のトウモロコシ・ライ麦・小麦・大麦など。これらを麦芽で糖化、さらに酵母を加えてアルコール発酵させる。その後、連続式蒸留機で、アルコール度数を80%(160プルーフ)以下となるように蒸留を行って、バーボンの原酒となる蒸留酒(この時点では無色透明)を製造する。こうして作られた無色透明の蒸留酒を、その後アルコール度数62.5%(125プルーフ)以下に加水して調整し、内側を焼き焦がしたホワイトオーク製の新樽に詰め熟成を行う。この熟成によって、焦げた樽の成分がニューポットへ移り、またニューポットの一部は大気中に揮発し、さらにこの間にゆっくりと進行する化学変化によって、バーボンは作られる。貯蔵期間の下限は規定されていないが、4年未満場合はラベルに熟成期間を表示することが義務付けられている。

トウモロコシ由来。ケンタッキー州ならではの原料なのですね。

世界五大ウイスキー

師匠の樺沢紫苑先生のウイスキーセミナーで教えていただいた、世界五大ウイスキー。

よろしければコチラもご覧ください。

スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、そしてジャパニーズウイスキーを総称して世界の五大ウイスキーと呼びます。質・量ともに世界で高い評価を受けている代表的な五つのウイスキーです。

そのなかで、アメリカンウイスキーの特徴は、

バーボン トウモロコシ・麦芽 連続式蒸留機 内面を焦がした
ホワイトオークの新樽で熟成。
独特の色味と華やかな香りが特色。
テネシー トウモロコシ・麦芽
ライ/コーンほか ライ麦/トウモロコシほか

ボトルに「Tennessee」って書いてあるのは、そういう由来があったのですね。

グラスも大事

ワタシはストレートでいただくのが好きなので、やはり、樺沢先生から教えていただいた、テイスティンググラスw/チェイサー。
ウイスキーテイスティンググラス

夫は水割派なので、結婚式の引き出物でいただいたウイスキーグラス。
水割りのときのウイスキーグラス

息子はハイボール派なので、グラスはなんでもいい(笑)。

三人三様、それぞれの飲み方を楽しんでいます。

今日の気付き

美味しいお酒をコスパ良で購入できるのは嬉しいものです。

普段何気なく飲んでいるウイスキーも、その由来をあらためて知ることで、さらに奥深い味わいができるものだとあらためて感激。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら